B.LEAGUE#LIVEを楽しもう! vol.7 【ドラフト攻略④】ポジション別にTOP15と注目選手を見てみようシューティングガード編

B.LEAGUE#LIVEを楽しもう! vol.7 【ドラフト攻略④】ポジション別にTOP15と注目選手を見てみようシューティングガード編

2022/11/13 12:00

『B.LEAGUE#LIVE2022』は、Bリーグ公認のファンタジースポーツ『B.LEAGUE#LIVE2021』の2022-23シーズン版。実在のB1・B2所属選手からチームを作り、リアルかつタイムリーな現実成績を基に競い合う新しいゲームとなっている。

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう

『B.LEAGUE#LIVE』で遊んでいますか? まだ遊んだことがないという方に興味を持ってもらえるように、ゲームの鍵となるドラフトについて紹介します。第7回は『ドラフト攻略④ ポジション別にTOP15と注目選手を見てみようシューティングガード編』です。

図)B1 ポジション別TOP15 (シューティングガード) ※第5節終了時点

ポジションについて
・エースクラスの日本人or帰化/アジア枠を確保したいのがシューティングガードです。TOP15には日本人選手が10名、帰化/アジア枠の選手が3名(TOP20には4名)なので、どちらかを獲得して着実なチーム作りを目指しましょう。ポジション特有の強いスタッツがないため、ポイントガードかウイング、どちらのポジション寄りの選手を指名するかは皆さん次第です。アシストやスティールを強化するか、リバウンドをガードポジションでも稼ぐか、あるいはディフェンススタッツに集中するか。チーム作りの方針に合わせて指名しましょう。

<注目選手>
ドワイト・ラモス(レバンガ北海道、総合26位、シーズンロング19位)
移籍を機に昨シーズンの109位から大幅ランクアップしているラモスは、真っ先に抑えるべき帰化/アジア枠の中でも1、2位を争う存在に。何と言っても魅力はディフェンススタッツです。リーグ1位の2.8Stl(スティール)にシューティングガードながら0.8Blk(ブロック)とフロントライン顔負けのスタッツを稼ぐ稀有な選手として活躍しています。また、12.6Pts(得点、78位)、1.3 3FGM(3ポイントシュート成功数、67位)、2.3FTM(フリースロー成功数、76位) 、1.1 OR(オフェンスリバウンド、107位)、4.9TR(トータルリバウンド、96位)、3.0A/to(アシスト数÷ターンオーバー数、47位)と穴のないオールラウンダーでもあるため、成功率がシーズン中に上昇するようなことになれば、TOP10に浮上する可能性も高くなります。

ディージェイ・ニュービル(大阪エヴェッサ、総合55位、シーズンロング34位)
今シーズンはまだ34位と昨シーズンの15位と比べると本調子とは言えない成績も、39.4 FG%(フィールドゴール成功率、昨シーズン49.3%)、33.8 3FG%(3ポイントシュート成功率、昨シーズン40.0%)と確率さえ戻れば元の順位に戻るため、伸びしろが大きな状態で指名できます。チーム作り次第ですが、ここでニュービルに外国籍枠を使えるチームはシューティングガードの飛躍的な強化に成功していると言えるでしょう。

クリストファー・スミス(千葉ジェッツ、総合84位、シーズンロング69位)
昨シーズンの6thマン賞の輝きは今シーズンも健在。今シーズンはさらにチームにも慣れ、3FG%も向上するなど上位を狙える可能性も。シュート成功率は、50.6 FG%、45.2 3FG%、88.9 FT%と超一流。14.6Pts、3.8TR、0.8Stl、3.0A/toとすべての項目で貢献してくれるため、ニュービルと同様に、スミスを指名できるチーム作りができた場合、そのチームのシューティングガードは盤石となります。

サーディ・ラベナ(三遠ネオフェニックス、総合105位、シーズンロング109位)
4.7TR(105位)、1.1OR(74位)とリバウンド力の高い選手です。5.9Ast、1.0Stlも加わることで、これらスタッツをシューティングガードで強化したい場合はラモスや中山拓哉に次いで指名しましょう。

キーファー・ラベナ(滋賀レイクス、総合112位、シーズンロング114位)
PG/SG適性もあることから、ポイントガードのスタッツを追加補強できるため、上位指名すべき選手です。一方で、今シーズンは3FG%が昨シーズンから半減しているため、復調までは3FG%の低下は覚悟した方がいいかもしれません。逆に言えばその成功率でもこの順位のため、今後の伸びしろに期待できます。

今村佳太(琉球ゴールデンキングス、総合114位、シーズンロング111位)
昨シーズンまで安定した得点力でFTM、3FGMなど得点系のスタッツを稼いでいたことに加えて、今シーズンは1.6Stl(22位)を残し、上位に浮上しています。またSG/SF適性があるため、上位に日本人選手が手薄なスモールフォワードでも起用できるので、チーム作りの自由度を高めてくれます。成績×ポジション適性を考えると上位巡位で指名したい選手の一人です。

中東泰斗(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、総合124位、シーズンロング85位)
53.3 3FG%(20位)、0.8Stl(122位)、0.8Blk(33位)とこのポジションで唯一と言えるレベルで『3&D』のスタッツを残す選手です。さらに52.9 FG%(78位) 、6.0A/to(7位)と率形が優秀なため、チームに加える事ができると各項目が安定します。

比江島慎(宇都宮ブレックス、総合143位、シーズンロング135位)
昨シーズンのファイナルMVPは今シーズンも得点、アシスト、スティール、ブロックで安定した成績を残すオールラウンドな活躍を見せており、必ず上位指名したい選手です。しかしここまで44.2 FG%(昨シーズン49.2%)、38.5 3FG%(昨シーズン42.1%)とまだ本調子とは言えず、さらなる成績向上に期待です。

岡田侑大(信州ブレイブウォリアーズ、総合151位、シーズンロング167位)
4.4Ast(22位、昨シーズン2.8)とアシスト数が伸びオールラウンダーぶりが増したものの、今シーズンは3FG%が16.7%(昨シーズン37.0%)と大きく落としているため、ランキングが伸び悩んでいます。しかし、4.7本の3FGAが昨シーズンと同じ水準で決まってくると、一気にTOP100入りの可能性が高くなるでしょう。

推し選手を選んで「B.LEAGUE#LIVE2022」で遊ぼう

RECOMMEND