「Bリーグオールスター」の出場選手ファン投票、中間発表の結果は馬場雄大が1位

2018/11/12
Bリーグ&国内
13048

オールスターゲーム

写真=鈴木栄一

前回に最多得票を得た馬場、今回も中間発表でトップ

富山で開催される「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019」。その出場選手を決める「ALL-STAR総選挙」は11月25日まで行われている。今日、その中間発表が行われた。

昨シーズンの最終順位をもとにチーム分けされた『B.BLACK』と『B.WHITE』から、それぞれ「PG/SG枠」の上位2選手、「SF/PF・C枠」の上位3選手がオールスターに出場する。中間発表で最多得票数を集めたのはA東京の馬場雄大。昨年のファン投票では堂々の最多得票に輝いた馬場が、2位の田臥勇太(栃木)に約2500票の差をつけてトップを走っている。

日本代表の常連の名前が上位に並ぶ中、このところ代表からは遠ざかっている田臥、金丸晃輔(三河)が多くの票を集め、人気と実力を示している。また開催地の富山から多くの選手がランクイン。この後にどう票が動くか、また最終的に誰がオールスターのコートに立つのだろうか。

このファン投票は各チームのスターティング5を決めるもので、11月25日23時59分までの実施。「B.LEAGUE公式WEB」投票(公式WEBサイトにて1日に1回投票可能)、「B.スマチケ」投票(B.LEAGUE公式チケットアプリのB.スマチケで1日に1回投票可能)、「B.LEAGUE スタンプ」投票(B.LEAGUE公認のソフトバンクショップに来店し、「B.LEAGUE スタンプ」を押すと投票権獲得、2票分としてカウント(1日に1回)と、3種類の投票システムが用意されている。

11月28日から12月3日まではSNS投票で「SNS選出枠」の選手を各チーム1名ずつ選出。ここにリーグ推薦の6選手が加わり、最終的な出場全選手とヘッドコーチは12月4日に発表される。

馬場雄大

B.BLACK A東京、琉球、京都、栃木、SR渋谷、三遠、大阪、横浜、福岡
(PG/SG枠)
1 栃木ブレックス 田臥勇太 17,349
2 アルバルク東京 田中大貴 10,337
3 栃木ブレックス 渡邉裕規 8,446
4 横浜ビー・コルセアーズ 川村卓也 8,182
5 琉球ゴールデンキングス 並里成 81,09
6 琉球ゴールデンキングス 岸本隆一 6,081
7 アルバルク東京 安藤誓哉 3,635
8 サンロッカーズ渋谷 ベンドラメ礼生 3,575
9 琉球ゴールデンキングス 橋本竜馬 3,414
10 琉球ゴールデンキングス 須田侑太郎 3,156
(SF/PF・C枠)
1 アルバルク東京 馬場雄大 19,877
2 栃木ブレックス ライアン・ロシター 12,920
3 栃木ブレックス ジェフ・ギブス 11,667
4 アルバルク東京 竹内譲次 10,748
5 琉球ゴールデンキングス アイラ・ブラウン 10,161
6 栃木ブレックス 竹内公輔 9,996
7 琉球ゴールデンキングス 古川孝敏 7,375
8 サンロッカーズ渋谷 ロバート・サクレ 7,132
9 琉球ゴールデンキングス 田代直希 4,807
10 アルバルク東京 アレックス・カーク 4,573

B.WHITE 千葉、三河、名古屋D、川崎、新潟、北海道、滋賀、富山、秋田
(PG/SG枠)
1 千葉ジェッツ 富樫勇樹 11,837
2 川崎ブレイブサンダース 篠山竜青 10,611
3 富山グラウジーズ 宇都直輝 7,790
4 川崎ブレイブサンダース 辻直人 7,678
5 レバンガ北海道 多嶋朝飛 5,662
6 シーホース三河 生原秀将 4,637
7 富山グラウジーズ 水戸健史 4,558
8 川崎ブレイブサンダース 藤井祐眞 4,454
9 新潟アルビレックスBB 五十嵐圭 4,449
10 秋田ノーザンハピネッツ 中山拓哉 4,131
(SF/PF・C枠)
1 シーホース三河 金丸晃輔 14,713
2 川崎ブレイブサンダース ニック・ファジーカス 14,135
3 富山グラウジーズ 大塚裕土 9,088
4 新潟アルビレックスBB ダバンテ・ガードナー 6,418
5 富山グラウジーズ ジョシュア・スミス 6,370
6 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 張本 天傑 6,343
7 レバンガ北海道 桜井良太 6,129
8 千葉ジェッツ マイケル・パーカー 6,005
9 千葉ジェッツ ギャビン・エドワーズ 5,780
10 千葉ジェッツ 小野龍猛 5,220