敗戦の中でも存在感を示したENEOSサンフラワーズの長岡萌映子「もっと自分で攻めて得点に絡んで良いのかなと」

敗戦の中でも存在感を示したENEOSサンフラワーズの長岡萌映子「もっと自分で攻めて得点に絡んで良いのかなと」

2022/10/20 17:45
ENEOS長岡

渡嘉敷とのオフェンスに固執し、ターンオーバーを重ねる

10月19日、Wリーグの2022-23シーズンが開幕し、王座奪還を目指すENEOSサンフワラーズはトヨタ自動車アンテロープスと激突した。リーグ連覇中の女王を破って勢いをつけたいところだったが、逆に序盤からトヨタ自動車の激しいディフェンスに苦戦。コンディションが万全でないため前半は起用せず、第3クォーター途中から投入した林咲希が12分半のプレータイムで14得点と活躍したが、試合の流れを変えることはできず57-70で敗れた。

ENEOSは、試合の大半で20点前後のリードを許しておりスコア以上に圧倒されていた。その最大の要因は、23ターンオーバーに象徴されるミスの多さで自滅したことだ。今シーズンから指揮を執る佐久本智ヘッドコーチは、このように反省する。

「渡嘉敷(来夢)を中心として攻めることに固執し過ぎました。それで思い切りの良いプレーに繋がっていない感じがしました。渡嘉敷ばかりを狙ってしまってミスをしてしまう。もう少し早く逆サイドへ展開してから渡嘉敷を起点とする形にすれば良かったですが、どうしても彼女のいるサイドでしか攻められていませんでした」

今シーズンのENEOSで、渡嘉敷の相棒としてインサイドを支える役割を担うのは新加入の長岡萌映子だ。30分46秒のプレータイムで7得点7リバウンド2アシスト2スティールと攻守に渡って存在感を示した長岡は、「特に変わった気持ちではなく、いつも通りシーズンが始まる緊張感はありました」と新天地でのデビュー戦における心境を語る。

そして、大敗の理由について「根本のディフェンスの強度に加え、最後の方にコミュニケーション不足によるスイッチミスで打たれているところもありました。そういった細かい部分を修正していかないといけないです」と語ると、指揮官と同じくオフェンスが単調になったのが痛かったと振り返る。

「オフェンスは渡嘉敷選手がいるので中を見ないといけないですけど、そこを見すぎて違うバスケができなかった。中ばっかりを見るのではなく、違う方向にもシフトしたバスケをしないといけない。相手も(シラ)ソハナ(ファトー・ジャ)や(梅沢カディシャ)樹奈がいて高さの対策をしているので、それ以外のことをやらないといけないです」

ENEOS長岡

周囲との連携不足は否めず「リーグ戦をやりながら合わせていくしかない」

東京オリンピック代表など実績十分の長岡は、当然のように即戦力として大きな期待を集めている。しかしオフシーズンの間、渡嘉敷と宮崎早織は日本代表活動、林と岡本彩也花は故障からの復帰を目指す段階でENEOSの中心選手たちと十分な練習を重ねることはできていない。

それだけに、チームにうまくフィットし切れていないと正直な思いを明かすとともに、自身の役割についてもこのように言及した。「まだENEOSのバスケで迷う部分がすごくあるので、リーグ戦をやりながら合わせていくしかないと思っています。渡嘉敷選手とのハイ&ローだったり、起点となるプレーをもう少ししないといけないです。あとはもっと自分で攻めて得点に絡んで良いのかなと。そういったアタックは少ならからず求められていると思います」

長岡にとってはほろ苦いENEOSでのデビュー戦となったが、一方で個人としてはトップレベルの実力を持っていることをしっかり示した。連敗スタートは避けないといけない本日の第2戦、渡嘉敷と長岡のコンビが、インサイドで主導権を握ることがENEOSのリベンジには必要だ。

RECOMMEND