[日本バスケット応援企画]自宅で行うパーソナルトレーニング『宅トレ』vol.103 パワーポジションを作るストレッチ編

2022/11/20 08:30

バスケットボールで良い動きをするためには、姿勢が大事になります。その姿勢のことを『パワーポジション』と言います。今回はこの『パワーポジション』を作るのに必要なストレッチを紹介します。背中が丸くなりやすい選手にもおすすめです!

【種目】
1)臀筋ストレッチ(10~20秒)
片足を膝に乗せて胸を張ります。おへそを前に出すとよりストレッチ感を増すことができます。

2)腿裏のストレッチ(10~20秒)
立った状態から片足を前に出します。胸を張った状態で股関節を引き込むように、上半身を前傾していきます。

3)背中のストレッチ(10~20秒)
四つ這いの状態から、背中を反るように胸を張ります。腰だけが反らないように注意しましょう。

4)肩・背中のストレッチ(10回×2set)
両手を少し高いところに置き、体重を床の方にかけていきます。リラックスした状態で少しずつ荷重していきましょう。

5)股関節のストレッチ(10回×2set)
背中に棒を当てて、膝を曲げながら上半身を前傾していきます。棒は頭、背中、お尻に付けます。つま先が浮かないように注意します。

ベストコンディションジムは2004年に福岡市中央区にオープンして以来、アスリート専用トレーニングジムとして多くのアスリートにプログラムを提供してきた。代表の窪田はリオオリンピックでバスケットボール女子日本代表のストレングスコーチを務めるなど、バスケットボールとの関わりは深い。最近はオンラインでのトレーニング指導『宅トレ』の普及に力を入れている。⇒http://best-condition.com/

RECOMMEND