Bリーグ第8節の『BEST of TOUGH SHOT』、5つのスーパープレーを紹介

2016/11/23
Bリーグ&国内
89

第8節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。選出された5つの得点シーンを振り返る。

第5位 松島良豪(北海道vsA東京)
左に行くと見せかけ右方向へのクロスオーバードリブルを仕掛ける。ディアンテ・ギャレットに対応されるもそこから流れるようなロールターンで抜き去り、イージーなレイアップシュートを決める。素早いロールターンの間、身体が全くブレないボディバランスの良さが光る。

第4位 ロバート・ドジャー(SR渋谷vs三遠) 
3ポイントシュートを狙うフェイクでアイラ・ブラウンをかわすと、迷うことなくドライブイン。満原優樹と広瀬健太のブロックをかいくぐりお見舞いしたワンハンドダンク。ベースライン際の突破はドジャーの得意とするところ。一連の動きすべてに無駄がなかった。

第3位 太田敦也(SR渋谷vs三遠)
第3クォーター残り2.3秒からのスローイン。チーム一丸となった動きで太田がフリーになった瞬間を見逃さずパスを送る。太田はカバーに飛び込む満原優樹のチェックを背中で受け止めながらも身体の軸を保ち、レイアップを丁寧に沈めてバスケット・カウントをもぎ取った。ボーナススローも決めて3点プレーを完成させた。

第2位 ジャスティン・バーレル(名古屋vs琉球)
リングに向かって一直線ではあるが、チェンジ・オブ・ペースで2人のディフェンダーをかわしたバーレル。2メートルを超える選手と思えない卓越したボールハンドリングで琉球の守備を切り裂き、ボースハンドでゴールを大きく揺らす豪快ダンクを決めた。

第1位 城宝匡史(横浜vs富山)
長い距離を走りスクリーンを使ってパスを受けると、キャッチ&シュートを警戒する高島一貴を体勢の低いドリブルでかわしペイントエリアに侵入。203cmのジェフリー・パーマーがブロックに来るのを見越してフローター気味に放った価千金のシュート。延長までもつれた大接戦で横浜を突き放す一発で、連敗ストップを引き寄せた。