ナゲッツのSNS企画、選手が持ち寄ったスニーカー16足がファン投票で頂点を争う!

2016/03/26
NBA&海外
524

ナゲッツが実施したTwitterのファン参加型投票企画

今年も全米を熱狂させるNCAA(全米大学選手権)男子バスケットボール・トーナメントが開幕した。「スウィート16」と呼ばれる3回戦が行われた3月24日、ナゲッツは公式Twitter上で、このNCAAトーナメントにちなんだファン参加型企画を行っている。

ケネス・ファリード、ダニーロ・ガッリナーリ、ウィル・バートン、エマニュエル・ムディエイ、ゲイリー・ハリス、マイク・ミラー、ジャミーア・ネルソンが試合で着用しているシューズを合計16足(ファリード、ガッリナーリ、バートンはそれぞれ4足ずつ)ピックアップし、人気投票を行なった。

各グループを勝ち上がり決勝に残った2足は、野性味溢れるプレーから「マニマル」(man animal)の愛称で人気のファリードが着用するアディダス『Light Em Up 2』のカスタムモデルと、ベテランらしくチームに落ち着きを与えるポイントガードのネルソンが愛用するナイキの『Kyrie 1』。

決勝の投票は僅差となり、NBAの試合と同様にオーバータイム(延長投票)に持ち込まれた。その結果……マニマルの『Light Em Up 2』がファンから最も支持される一足となった!

ソーシャルメディアの使い方に長けたアメリカのプロスポーツらしい試みが、NBA人気、ひいてはバスケットボールの普及に一役買っている好例だ。