バスケ日本代表候補に初選出されたラシード・ファラーズ、持ち味のスピードをアピールしてロスター入りを目指す

バスケ日本代表候補に初選出されたラシード・ファラーズ、持ち味のスピードをアピールしてロスター入りを目指す

2022/06/25 14:42
ラシード・ファラーズ

「このチャンスをつかむためにも、一日一日を無駄にせずやっていきたい」

Bリーグ2021-22シーズンの幕を閉じ、バスケ男子日本代表チームは来夏に開催される『ワールドカップ2023』に向けて、2022年度の日本代表活動を始動した。

今年度の男子日本代表チームは、第1次代表候補選手42名を2チームに分けて強化を進めていく。この42名の中にはA代表候補初選出の選手が6人いて、その中の一人がラシード・ファラーズだ。現在24歳のラシードは埼玉県出身、202cm94kgのセンター。東洋大4年時に練習生として千葉ジェッツに加入し、その後、特別指定選手を経て、今シーズンで在籍3シーズン目を終えた。

ラシードは「代表合宿は2年半ぶりとかになりますが、その時はB代表でした。今回はA代表で、千葉で3年間学んだことを、アピールできると思います」と合宿での手応えを語った。「トム(ホーバスヘッドコーチ)さんのバスケは初めてですけど、自分のプレースタイルに合うところもあって、そこはプラスなので、選考に残れるようにアピールしたいです」

ホーバスヘッドコーチは選手一人ひとりに役割を与えていて、ラシードは自身の役割をこう語る。「僕はスピードを生かしてトランジションを走ったり、ファストブレイクからのダンクも得意です。あとは、オフェンスリバウンドに飛び込んだり。僕は足があるので1番から5番までスイッチしても対応できるように求められています」

その上で、彼は持ち味の一つである『スピード』をホーバスヘッドコーチのバスケットで特に生かすことができると考えている。「トムさんのバスケットはスピードや広いスペーシングでのカッティング、スピードの切り替えを大事にしています。千葉でも考えてバスケットをしていますが、トムさんのバスケはフリーランスで状況判断ができる選手を求めています。僕はスピードでプレーするタイプですし、状況判断をしながらというのが、自分にマッチしていると思います」

このように自信を見せるラシードは、世界との戦いを経験することで、自分の現在地を知ることができると楽しみにしている。「千葉でやってきたこと、そして速いと思っている僕のスピードが世界ではそうではないかもしれません。そういう部分にワクワクしているので、一生懸命、選考に残れるようにやっています」

ラシードにとってこの機会は、7月のWindow3だけでなく、来年のワールドカップ本大会、そして、2024年のパリ五輪にも繋がる道だ。彼は自身のルーツを交えながら、日本代表への熱い思いを語った。

「僕はハーフであるがゆえに、国の代表として戦えるのは光栄なことだと思っています。ここまで来たからには絶対に残りたいですし、日本のためにもパキスタンのためにも、世界で戦っているところを見てほしいです。オリンピックに出られるチャンスが今ありますし、2年後のパリ五輪には絶対に選ばれたいです。こんなチャンスはなかなかないですし、オリンピックに出られるアスリートは多くないので、このチャンスをつかむためにも、一日一日を無駄にせずやっていきたいです」

1件のコメント

RECOMMEND