[THE CROSSOVER]アイラ・ブラウン(サンロッカーズ渋谷)Bリーグを席巻する『ダンクマシーン』vol.2

2016/11/11
Bリーグ&国内
213

文=鈴木栄一 写真=鈴木栄一、Getty Images、Fiba.com

「八村塁は特別な選手になれる力を持っている」

ブラウンの出身校であるゴンザガ大と言えば、日本バスケ界の至宝である八村塁が今秋に入学した大学である。「塁(八村)とは夏に一緒にワークアウトし、ピックアップゲームもした。ゴンザガでは多くのOBがオフに大学を訪れ、新入生と一緒に練習を行うんだ」と語る。

「アメリカでは、自分の考えを積極的に伝えていくことが当たり前。これがアメリカの文化なんだけど、塁はシャイ・ガイだね。ただ、今は適応の途中だし、いずれ慣れれば大丈夫になるよ。彼は特別な選手になれる力を持っている。ゴンザガのコーチたちは、彼がNBAでドラフト1巡に指名される素質を持っていると思っているよ」と八村が現地でも大きな期待を寄せられていると続けている。

オフコートの面で日本に来てカルチャーショックを受けたことを聞いてみた。「まず、人々がとても礼儀正しいこと。そして食事を注文すると、野菜がとても多いこと。その2つに良い意味でのショックを受けた。日本の食べ物は素晴らしいね。お米が好きで、和食をよく食べている。アメリカにいる時もファーストフードはほとんど食べなかったんだ。日本食で一番好きなのは寿司、その次がお好み焼きだ」

「今は日本こそが僕の国、代表のために全力を出していく」

冒頭で触れたように今秋からAKATSUKI FIVEに加わったブラウン。「代表でのプレーは素晴らしい体験だった。代表では、例えイラン、中国などどんな相手でも恐れてはいけない。『自分たちはジャパンだ』という姿勢をチームに植えつけていきたい」と意気込みを語る彼は、日の丸への強い愛着も述べている。

「日の丸の赤は、僕たちに流れる血の色と感じている。すべてをチームのために捧げていくつもりだ。多くの選手が代表チームでプレーするチャンスを得られないわけで、日本代表の一員となることが当たり前とは決して思っていけない。今は日本こそが僕の国であり、チームに新しいカルチャーをもたらし、代表のために全力を出していく。東京五輪に日本代表として出場することを大きな目標にしているよ」

そして最後にファンサービスに熱心なことで知られるブラウンが、いつもプレーする際に心がけていることを紹介したい。「マイケル・ジョーダンはドキュメンタリー番組で、『試合にはいつもマイケル・ジョーダンを見に来てくれている観客がいる。その人たちのためにも、常にハードにプレーしなければならない』と言っていた。そのことを自分も肝に命じているんだ。アイラ・ブラウンに興味を持って試合に来てくれる人はきっといる。良いプレーをして、その人と試合後に話をしたり触れ合ったりして、ベストな体験を提供していきたい。だからこそ、試合でできる限りダンクを狙っていかないとね」

ブラウンはダンクを筆頭とする豪快なプレーでSR渋谷と日本代表に勢いを与え、ファンを熱狂させていく。その姿に引き続き注目していきたい。