当日の試合中止は飲食業界にも打撃、『旨辛フェス』が中止となった香川ファイブアローズ「今後もわくわくする企画を創出したい」

当日の試合中止は飲食業界にも打撃、『旨辛フェス』が中止となった香川ファイブアローズ「今後もわくわくする企画を創出したい」

2022/04/26 18:00
香川ファイブアローズ

スポーツ観戦に不可欠な『食の主役たち』

今シーズンのBリーグは新型コロナウイルスの影響で試合中止が相次いでいる。徹底した感染対策を行った上で起こるため、それは仕方がないことだがクラブや選手、ファンは当然苦しい思いをしている。それは彼らだけでなく、当日に出店する飲食業界も同じだ。

香川ファイブアローズは食文化の情報発信を通じて、香川県の活性化と新たな食文化の創出を目指し、4月2日、3日に『旨辛フェス』の開催を企画。しかし、チームに新型コロナウイルスの陽性者が出たため、試合は中止となり、このイベントも開催することができなかった。

今回のイベントでは香川県の特産品である唐辛子を使用したオリジナルメニューを出品し、来場者のメニュー購入数により『初代旨辛メニューグランプリ』を決定する予定だった。出店者は多くの時間を割いてオリジナルメニューを考え、当日に販売するために仕込んできたが日の目を浴びることはなかった。

クラブのチケット収入の減少額に比べたら微々たるモノかもしれないが、イベントが中止になることでこれまでに費やした時間や仕込んだ食品が無駄になることは、出店者にとって決して小さくないダメージだ。香川とともに今回のイベント企画に携わった『RESILENZ』の近藤優は言う。

「本企画に関わる皆さまと香川ファイブアローズを中心に香川を盛り上げていこうという高い志を持っていただけに、本イベントの中止はとても残念で仕方ありません。今回はこのような結果となってしまいましたが、香川県と香川ファイブアローズの魅力を皆様に知ってもらえるように今後もわくわくする企画を創出したいです」

香川はバスケだけではない、エンタテインメントを地域に提供するプロジェクトをスタートさせている。そして、香川の特産品や名産品の素晴らしさを伝える場ができることで、新しいファンとの『触れ合い』が生まれると信じている。スポーツ観戦に飲食ブースは欠かせない。Bリーグ観戦の際にはこうした『食の主役たち』にも注目したい。

出店予定だったお店4選

ナナイロ
『ナナイロ』
https://www.instagram.com/nanairo_kitchen.716/
地元のお祭りから、物産展、各種音楽イベント、企業様のイベントなどの出店実績あり。フード、スイーツ、カフェメニューなどのメニューをはじめ、出店場所や集客数など、様々な出店要望に対応可能です。
てんやわんや
『てんやわんや』
https://www.instagram.com/namapasta_tenyawanya/
香川県産食材をふんだんに使用した自家製生パスタを販売。『輝く讃岐の「ひと」と「もの」を繋ぐ』をコンセプトに開発した特製の「讃輝パスタ」はモチッとした食感と小麦の香りが特徴です。
カマクラ
『カラクラ』
https://www.instagram.com/karakulamkazoku/
6カ月にも及ぶインド放浪の旅体験をベースに、某カレー店で2年間の修行を経て、辛口カレー専門店を綾川町にオープン。そびえ立つヤシの木の下、そんな店主が繰り出すカレーは中毒性が高く超刺激的です。
yorimiti
『yorimiti』
https://www.instagram.com/yorimiti_2021/?hl=ja
香川県木のオリーブをイメージした緑のキッチンカーとマスコットキャラクターハリネズミが目印。香川県産の食材、特に野菜をふんだんに使った日替わりメニューの出来立てホットサンドと韓国発祥のスイーツクロッフルを提供中。

RECOMMEND