Bリーグ第4節の『BEST of TOUGH SHOT』、5つのスーパープレーを紹介

2016/10/20 08:10

第4節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』が発表された。選出された5つの得点シーンを振り返る。

第5位 金丸晃輔(大阪vs三河)
ディフェンスを背負って揺さぶりをかけ、ゴールから逃げるように後方へ飛びながら放ったフェイダウェイシュート。これを決められたらディフェンスは外れるのを祈るしかないが、この試合で金丸は同じ形から次々と得点し、チームに勢いを与えた。

第4位 藤永佳昭(名古屋vs滋賀)
速攻から快速を生かしドリブルで持ち込む藤永に対し、滋賀の大黒柱ジュリアン・マブンガが一人自陣に戻りブロックを目論んで歩幅を合わせる。完璧なタイミングでブロックショットが決まったかに思えた瞬間、それを察知した藤永はボールを高く投げ上げるフローターシュートでマブンガの間合いを外した。

第3位 藤高宗一郎(SR渋谷vs川崎)
頭上を越すパスフェイクでライアン・スパングラーに後ろを振り向かせ、その虚をつきドライブから決めたリバースレイアップ。スパングラーも驚異的な反応でリカバリーするが、藤高はリバースシュートにいくことでゴールを奪った。

第2位 川村卓也(富山vs横浜)
第4クォーター残り5秒、3点ビハインドの状況から同点に追いつくクラッチシュート。ディフェンスを振り切れず、ダブルチームに来られ身体が流れながら放った、決して十分な形ではない3ポイントシュートだったが、しっかりと沈めて延長に持ち込み、見事逆転勝利をその手に掴んだ。

第1位 ディアンテ・ギャレット(A東京vs仙台)
ギャレットのスーパーテクニックが凝縮されたワンプレー。ボールのキャッチと同時に左に小さなパスフェイクを入れて1人目のディフェンダーをかわす。左に行くと見せかけボールをこねるようなドリブルで右へ方向転換し、ヘルプに来た2人目も抜き去ると、ボールめがけて飛び込んで来た3人目のディフェンダーをかわし、反転しながら放ったフェイダウェイシュート。ショットクロック残り1秒で沈めたクラッチシュートに、アリーナは大いに沸いた。

RECOMMEND