『ウェストブルックのワンマンチーム』の矜持を貫いたサンダー、エースの失速とともに沈む形でロケッツに屈する

2017/04/26
NBA&海外
23

写真=Getty Images

後がないサンダー、決死のパフォーマンスで優位に立つ

ラッセル・ウェストブルックが47得点11リバウンド9アシストと奮闘したサンダーだが、総合力で勝るロケッツに屈し、プレーオフ1回戦での敗退が決まった。

1勝3敗と後がないサンダーは、立ち上がりからウェストブルックがエンジン全開、第1クォーターから13得点を奪い22-16と先行する。シュート成功率は低くても、とにかく超アグレッシブにフィニッシュまで持ち込む勢いで優位に立った。

しかし、ウェウトブルックとハーデンがともにベンチに下がった第2クォーター前半にじわじわと差を詰められる。両者がコートに戻った第2クォーター後半、スクリーンプレーで一瞬のフリーにしてしまったハーデンに3ポイントシュートを許し39-39と追い付かれると、それまでの積極性を失ってしまい、ロケッツに逆転を許す。

ここからロケッツに走られて一時は2桁のビハインドを背負うも、ウェストブルックが底力を発揮。50-61とこの試合最大のビハインドを背負った残り7分13秒にタイムアウトを取ると、ここから5分間で27-9のラン。この間、ウェストブルックは3本の3ポイントシュートを含む17得点に加え、3アシストを記録。フリースローは2本落としたが、フィールドゴールはすべて決める猛烈なパフォーマンスで試合をひっくり返した。

最終クォーター、サンダーはウェストブルックがベンチで呼吸を整える数分を支え切れない。5点あったリードを吐き出し、逆に5点のビハインドを背負ったところでウェストブルックがコートに戻る。残り9分15秒、81-86の場面。ウェストブルックは自分にディフェンスの意識を集中させてジェレミ・グラントへのアシスト、そしてファウルを誘って、たちまち反撃ムードを作り上げた。

孤軍奮闘のエース、最後は突然おとずれた乱調に沈む

ところが、ここからウェストブルックのシュートがことごとく落ちる。マークを振り切らないまま強引に放つシュートが外れるのは不思議ではないが、それまで決まっていたものが途端に決まらなくなった。

残り7分23秒にはパトリック・べバリーからファウルを受けた際に接触があり、顔と顔を突き合わせてにらみ合う場面も。これが影響したのかどうか定かではないが、勝負どころの第4クォーターでウェストブルックが決めたのはゴール下のレイアップ2本のみ。フィールドゴール11本中2本と急失速した。

サンダーはウェストブルックに引っ張られて勢いに乗れば圧倒的なパフォーマンスを見せるが、その逆もあるチーム。ウェストブルックが強引すぎるアウトサイドのシュートを落とし続けてポゼッションを失う間に、ロケッツはコツコツと得点を積み重ね、105-99で勝利した。

ハーデンは黒星を喫した第3戦の途中に足首を痛めており、第4戦は16得点と精彩を欠いた。だが中1日を置いたこの試合ではケガの影響を感じさせず、チームメートを巧みに操りながら、要所では自らアタックして34得点を記録。ベバリーやルー・ウィリアムズも良い働きを見せ、ハーデンを支えた。ウェストブルックとハーデン、レギュラーシーズンMVPを争う2人のプレーとチームでの立ち位置は良くも悪くも対照的で、明暗が分かれた。

ロケッツは西カンファレンスの準決勝へ。ハーデンのコンディションに不安がある状況、ここで勝ち抜けを決めて準備期間が取れることはメリットだ。次はスパーズとグリズリーズとの勝者と対戦する。

そしてサンダーは、ケビン・デュラントが退団して迎えた今シーズン、『ウェストブルックのワンマンチーム』を良い意味で貫くことで、開幕前の低評価を覆した。ただ、これより上に行くにはエースを支える人材が必要なのは明らか。オフにどのような動きがあるかに注目される。

試合中にはフラストレーションを溜めている素振りを見せたウェストブルックだが、「素晴らしいシーズンだった。全員が最高の仕事をしたと思うし、このチームを誇りに思う」と語り、トヨタ・センターを後にした。