ウインターカップ2021が幕、今夜のバスカン『トークルーム』は高校バスケの冬の祭典を深掘り

2021/12/30 21:00

バスケットボールのニュースを分かりやすく伝えることをコンセプトにしている『トークルーム』。今回は1週間に渡って開催されたウインターカップについて語っています。

残り数秒での逆転劇が1回戦から続出するなど今年の大会も盛り上がりましたが、女子は桜花学園(愛知)が3連覇を達成し、男子は福岡大学付属大濠が28年ぶり3回目の優勝を成し遂げました。そして、ベストファイブに選出された両校の3選手のコメントを紹介しています。

すべての選手に共通していたのは、先生やチームメートへの感謝でした。特に桜花の朝比奈キャプテンが井上コーチに向かって叫んだ「先生大好きでーす」という言葉には、もらい泣きしかけました。また、福大大濠の岩下選手が放った「2021年を最高な形で締めくくることができました」という言葉も、気持ちが良かったです。

4月から手探りで始めたバスカンchにいつもお付き合いいただき、ありがとうございました。2022年も有意義な情報をお伝えできるよう頑張っていきます!

RECOMMEND