自身初のトリプル・ダブルチャンスを逃したフレッド・バンブリード「そのためにコートに戻ろうとはしなかった」

自身初のトリプル・ダブルチャンスを逃したフレッド・バンブリード「そのためにコートに戻ろうとはしなかった」

2021/12/20 17:00
フレッド・バンブリート

「チームメートはウェストブルックのように扱ってくれない」

現地12月18日、ラプターズはホームにウォリアーズを迎えた一戦に119-100で勝利した。

この日のウォリアーズはステフィン・カリーが休養のため、ドレイモンド・グリーンが右臀部の痛みのために欠場。さらにアンドリュー・ウィギンズとオット・ポーターJr.も欠場と主力を欠いていた。

ラプターズはそんな手薄なウォリアーズを序盤から圧倒し、前半で63-42と大差をつけそのまま反撃のきっかけを与えずに快勝した。この大勝を引っ張ったのがフレッド・バンブリードだった。彼は33分間の出場で10本中6本の3ポイントシュート成功を含むチームハイの27得点を記録した。さらに7リバウンド、12アシスト、3スティールを挙げ攻守で存在感を示した。。

大きな活躍を見せたバンブリードだったがリバウンドが3本足らずに自身初となるトリプル・ダブルを逃した。186mと小柄なバンブリードは「コート上で一番背の低い選手はリバウンドで役に立たない」と自虐的に語った。それでも、勝敗がほぼ決まった状態だったからこそ、再び試合に出場してリバウンドを稼ぎ、記録達成を狙うこともできたが、バンブリードはそれをしなかった。

「コートに戻ろうとはしなかったよ。トリプル・ダブルのチャンスはあったけど、リバウンドを取りにいったら軽いケガをしてしまう。僕はそういう運命なのさ」

このようにジョークを飛ばすバンブリードは、ミスタートリプル・ダブルの異名を持つ、ラッセル・ウェストブルックの名前を引き合いに出し、このように続けた。「チームメートたちは僕をウェストブルックのように扱ってくれずに、邪魔をするんだ。だから、彼らと話をする必要がある」

ウェストブルックは昨シーズンにキャリア4回目の平均トリプル・ダブルを達成し、通算のトリプル・ダブル回数でもオスカー・ロバートソンを抜いて歴代1位となった。偉大な記録を残すウェストブルックだが、彼は味方が獲得できそうなリバウンドさえも自分のモノにしようとする、いわゆるスタッツ稼ぎをしているとの見られ方もする。そこまでの悪意があったとは思えないが、バンブリードの発言は暗にそのことを示している。

バンブリードにはチームを勝利に導く全力プレーの副産物として、トリプル・ダブルを達成してもらいたいものだ。

RECOMMEND