ウェストブルックとエイブリー・ブラッドリーが離脱のレイカーズ、NBA復帰を目指すアイザイア・トーマスと10日間契約へ

ウェストブルックとエイブリー・ブラッドリーが離脱のレイカーズ、NBA復帰を目指すアイザイア・トーマスと10日間契約へ

2021/12/17 12:15
アイザイア・トーマス

Gリーグ初戦で42得点を記録し、得点力をアピール

レイカーズはラッセル・ウェストブルックとエイブリー・ブラッドリーが健康安全プロトコルに入ったことを発表した。そして、リーグからハードシップ例外条項が認められた場合、Gリーグでプレーしているアイザイア・トーマスと10日間契約を結ぶ予定だと『ESPN』が報じた。

ハードシップ例外条項とは病気やケガによって4名のプレーヤーが3試合以上連続で欠場し、その状況が続きそうな場合にリーグ申請して、許可が下りれば得られるロスター枠のこと。レイカーズはテイレン・ホートン・タッカー、ドワイト・ハワード、マリク・モンクに続き、ウェストブルックとブラッドリーも離脱したため、ロスターの5人を欠いている。

現在32歳のトーマスはセルティックスに所属した2016-17シーズンに平均28.9得点を挙げ、『ボストンの王』と呼ばれるほどの人気を誇った。しかし、その後は股関節のケガに苦しみキャリアは下降線をたどった。昨シーズンはケガ人が相次いだペリカンズと10日間契約を結び、3試合で平均7.7得点を挙げたが本契約を勝ち取ることはできず、今夏もレイカーズのワークアウトに参加したが本契約には至らなかった。

現在のトーマスは戦いの舞台をGリーグ、ナゲッツ傘下のグランドラピッズ・ゴールドに移した。そして、シーズン初戦で42得点を記録し得点力が錆びついていないことを証明した。レイカーズにとっては厳しい状況だが、NBA復帰を目指し続けてきたトーマスにとっては最大のチャンスが巡ってきた。

RECOMMEND