キングスの指揮官アルビン・ジェントリーが新型コロナウイルス陽性反応、シュートアラウンドを緊急中止

キングスの指揮官アルビン・ジェントリーが新型コロナウイルス陽性反応、シュートアラウンドを緊急中止

2021/12/16 09:22
アルビン・ジェントリー

再建が進まないキングスに追い打ち

本日にウィザーズとの試合が予定されているキングスだが、指揮官のアルビン・ジェントリーに新型コロナウイルス陽性反応が出たことで、朝のシュートアラウンドを緊急中止したと『ESPN』が報じた。 ジェントリーは喉のかゆみを感じた以外はほぼ無症状で、チームはより多くの陽性反応者がいるかどうかを発見するために検査を行っているという。

陽性反応が出た場合、少なくとも10日間、もしくは24時間おきの検査で2度連続陰性反応が出るまでチームに帯同することができない。そのため、ジェントリーが不在の間はアシスタントコーチのダグ・クリスティが指揮を執るという。

開幕から6勝11敗となった時点でルーク・ウォルトンを解雇し、暫定的にジェントリーをヘッドコーチに昇格させた。その後は5勝6敗とまずまずの成績を残していたが、再び不運に見舞われた。今はジェントリー以外の選手やスタッフに陽性者が出ないことを祈るしかない。

RECOMMEND