福岡大学附属若葉の東紅花と山下莉来、3ポイントシュートを得意とする下級生コンビがウインターカップのカギを握る

福岡大学附属若葉の東紅花と山下莉来、3ポイントシュートを得意とする下級生コンビがウインターカップのカギを握る

2021/12/13 17:00
福岡大学附属若葉

福岡大学附属若葉は福岡県予選を制し、1位でウインターカップ出場を決めた。決勝戦はトランジションからの3ポイントシュートを高確率で決め続け、平面のバスケットの破壊力を見せつけた。この3ポイントシュート攻勢の中心となったのが2年生の山下莉来と、1年生の東紅花だ。決してサイズに恵まれていない若葉にとって、2人の長距離砲が目標達成のカギを握る。

下級生シューターが主導権を握るカギに

──自己紹介をお願いします。

山下 若葉高校2年生の山下莉来です。得意なプレーは3ポイントシュートでジャンプシュートが苦手です。

 若葉高校1年の東紅花です。得意なプレーは3ポイントシュートで苦手なプレーはいっぱいあるんですけど、前線からのディフェンスです。

──下級生ながらチームの主力を務めるお2人ですが、それぞれの印象を教えて下さい。

山下 人前ではめっちゃ良い子ぶるんですけど、チームの中でしゃべっている時は先輩に対してもめっちゃ毒舌で、悪口を言われます。離れたところでボソっと「違うよ」とか言ったり、独り言を聞こえるように言う感じです(笑)。

 悪口は言ったことないです……。でも毒舌と言われたことはあります(笑)。自分の中ではそんなに声に出して言っているつもりはあまりないんです。山下さんは学校で会うと、いつも驚かしてきたりするんですが、その力がガチで強くて、いつもビックリしています。

山下 そんな強くないし。大げさに驚きすぎなんです!

──予選では2人の3ポイントシュートが炸裂していました。

山下 3年生がしっかり声を出してくれたりしてくれたので、自分の中では気持ち良く3ポイントが打てたと思います。池田先生からも、シュートタッチが悪くて全然入らない時も打ち続けていいと言われて、とても助かりました。

 自分がシュート打って落としても、3年生が「リバウンドを取るから」と言ってくれたり、いろいろと声をかけてくれたので自分も思い切りよく打つことができました。交代で入る時も池田先生が「思いっきりやって来い」と前向きな言葉をかけてくれるのでやりやすいです。

福岡大学附属若葉

「3年生とできる最後の大会をしっかり楽しみたい」

──ウインターカップはどんな思いで臨みますか?

 全国では1年生らしく思いっきり動いて、3年生のためにも自分のためにも暴れていきたいと思います。

山下 初めてのウインターカップで、3年生とも一緒にできる最後の大会なので、自分ができることを全力でやって3年生と最後に笑顔で終われるように頑張りたいです。

──3年生との一番の思い出は何ですか?

山下 毎日じゃないけど、キャプテンの加藤(愛香)さんに怒られて泣かされたりしたことです。でもその後に長文のLINEをくれたり、試合前もいつもLINEしてくれてうれしいです。

──加藤先輩に良い意味でかわいがられていたのですね。

山下 思うようにいかなくて落ち込んでいる時に「そんなんでいいと?」って怒られていました。自分は生意気だと思いますけど、めっちゃ可愛がってくれたりするところが好きです。

──東選手はお母さんが三重県からわざわざ応援に来てくれてるのに、塩対応だと風の噂で聞きましたが。

 三重県にいた時もそこまでいっぱい話していたわけではないですし、福岡に来ても寂しいとかそういう気持ちがあまりなかったので。お母さんも自分がバスケに専念できるようにいろいろ考えてくれていて、会った時もお母さんからはそんなに話さないし、自分からもそんなに話さないみたいな感じです。

いつもサバサバしてるけど、めちゃくちゃ感謝してるし福岡に来れて良かったと思っています。これからもよろしくお願いします。

──最後にウインターカップへの意気込みをお願いします。

山下 インターハイでは2回戦で負けてしまったのでウインターカップではしっかりチームの目標としている日本一になれるように、3ポイントシュートをたくさん決めて、速攻でもたくさん走って3年生とできる最後の大会をしっかり楽しみたいと思います。

 インターハイでは個人的に3ポイントシュートをあまり決められなかったのでたくさん決めたいです。1年生らしくいっぱい走って全国の舞台で暴れてきたいと思います。

RECOMMEND