滋賀レイクスターズの新たな日本人エース高橋耕陽「今シーズンは平均2桁得点を」

2018/09/19
Bリーグ&国内
4408

高橋耕陽

文・写真=鈴木栄一

「今シーズンは絶対に結果を残さないといけない」

今オフ、選手を大幅に入れ替えた滋賀レイクスターズにおいて、残留組として、また新たな日本人エースとして期待されるのが高橋耕陽だ。高い身体能力を生かした豪快なドライブを武器に、この夏のジョーンズカップに日本代表として出場するなど着実に進化を続けており、彼の活躍が今シーズンの滋賀の行方に大きく影響することになりそうだ。

アーリーカップ関西大会でも高橋は自ら積極的に仕掛け、オフェンスの起点となっていた。それでも本人の口からは課題ばかりが出てくる。「求められるのは得点なので、そこはアグレッシブに点数は取りにいきたいです。ただ、自分でやりすぎてしまう部分があるので、そこは相手のディフェンスが自分に寄った時、みんなに3ポイントを打たせる形を演出したい」

現状に満足しない姿勢、そして個人よりチームを優先する意識が、その言葉からはうかがえる。「自分で行くところは行き、周りにやらせるところはやらせてと使い分けていかないといけない。バスケットはチームスポーツなので、全員がかみ合わないと絶対うまくいかないです」

このように周囲との調和について強く意識している高橋だが、今年はしっかりと数字も残さなければいけないシーズンと力強く語る。「やっぱり昨シーズンあれだけ我慢して使ってもらえて、今シーズンは絶対に結果を残さないといけないと自分でも思っています。今シーズンは平均2桁得点が目標で、点数を取りにいかないといけないと感じています」

高橋耕陽

「代表合宿に行けたのが良い経験に」と自信

1試合2桁得点は、日本人選手でも限られた選手しか達成していない数字。これまで控え目だった高橋が2桁得点を目標に掲げるのは、心境の変化があったからだ。「代表合宿に行けたのが良い経験で、そこでちょっと自信はつきました」と振り返るように、ジョーンズカップ出場を含めた代表活動で得られた手応えがあるからだ。

「外国での試合でも、ドライブだったりリバウンド取ってからの速攻は結構通用したので、そこは今後もずっとやっていきたいと思います。通用しない部分との見極めはしっかりできました」

これまでの滋賀には並里成という一人で局面を打開する強烈な個性がいて、日本人エースの役割を果たしていた。その並里が琉球ゴールデンキングスに移籍し、チームには新たなエース、新たなクリエイターが必要となっている。高橋は自分のことをエースだとは考えていないが、同時に「強い気持ちを持たずにドライブをしたらパスが回りません。そこは強気で行き、若さを出してチームを引っ張っていきたいです」と、確固たる決意を持って新シーズンに臨む。

Bリーグになってからの2シーズンは残留レースに絡んでしまっている滋賀だが、ここからステップアップしてチャンピオンシップ出場を狙うには新たな柱となる選手の台頭が不可欠だ。そこに高橋の成長を期待するファンは多いはず。持ち味のドライブで相手守備を切り崩し、外からも効率良く沈める。そんな高橋のプレーが滋賀を高みを引き上げるカギとなる。