Bリーグ第2節の『BEST of TOUGH SHOT』、5つのスーパープレーを紹介

2016/10/07
Bリーグ&国内
448

Bリーグが、第2節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を発表した。選出された5つの得点シーンを振り返る。

第5位 富樫勇樹(千葉vs栃木)
田臥勇太との新旧ポイントガード対決で注目を浴びた一戦から飛び出したプレー。身長差約40cm、竹内公輔にマークを受けながらも体を前に入れて、ブロックされないように利き手の右手ではなく左手で放った技ありのレイアップシュート。竹内に寄せられたにもかかわらず崩れない体幹の強さも注目だ。

第4位 クリント・チャップマン(新潟vsSR渋谷)
千葉に在籍した昨シーズンもインパクトの強い得点を多数決めた『ダンクマシーン』が、新潟でもその本領を発揮。終盤残り3分を切ってのワンマン速攻、キャッチしたボールを突くことは全く考えず、そのまま宙に舞い上がってのボースハンドダンク。この一撃でリードを8点差に広げ、勝利を決定づけた。

第3位 張本天傑(三河vs名古屋D)
三河との『愛知ダービー』、同点で迎えた終盤に飛び出した、お洒落で破壊力抜群な一本。右方向への鋭いドリブルフェイクでマークを外してフリーになると、落ち着いたバックステップから3ポイントシュート。これを決められたらディフェンスはお手上げ。

第2位 中東泰斗(三河vs名古屋D)
『愛知ダービー』第1戦の立ち上がり、3ポイントシュート攻勢で相手に行きかけた試合の流れをエース中東が引き戻す。巧みにスクリーンを使い、鋭いクロスオーバードリブルでディフェンス2人をかわして決めたワンハンドダンク。4位のチャップマンがパワーなら、中東はキレ。中東の持つスピードと高さが可能にしたスマートなダンクショットであった。

第1位 安藤誓哉(秋田vsA東京)
A東京との第2戦、第1クォーター残り3秒の場面。自陣からドリブルを開始した安藤が、3ポイントラインの約2メートル手前から沈めたミラクルブザービーター。「まだセーフティーエリア」と考えたであろうディフェンスの一瞬の隙を突く、ステファン・カリーばりの一撃に、クレイジーピンクに染まったスタンドが沸騰した。