2021-22シーズンの開幕戦を心待ちにするバックス、ヤニス・アデトクンボ「目の前の瞬間を楽しみたい」

2021-22シーズンの開幕戦を心待ちにするバックス、ヤニス・アデトクンボ「目の前の瞬間を楽しみたい」

2021/10/19 18:30
ヤニス・アデトクンボ

「チームメートと一緒に喜びを分かち合う。そして試合に集中する」

王者バックスは、現地19日にホームで行われる開幕戦で、東カンファレンス優勝候補のネッツと対戦する。

バックスのヤニス・アデトクンボは満面の笑みを浮かべて前日会見に登場すると「子供が待っているから家に帰らないといけないんだ。手際良く終わらせよう!」と言い、メディアの質問に答えた。

開幕戦ティップオフの前には、優勝バナー掲揚式とリング授与式が行われる。在籍年数が最も長いアデトクンボは、同じくバックスで9年目になるクリス・ミドルトンと優勝リングのデザインに関係していたことを明かした。

「そこまで深くかかわったわけではないけど、Zoomでクリスと一緒にいくつかアイデアを伝えた。実際に採用されたかは知らないんだ。僕たちも驚きたいからね。僕にとって初めてのリングが楽しみだし、チームメートの笑顔も楽しみだよ。なんといっても50年ぶりの優勝だからね。楽しい部分もあるけど、試合はリーグでベストチームの一つである相手と対戦するから、シリアスにならないといけない」

優勝リングについて「受け取った初日は指にはめるかもしれないけど、僕は見せびらかすタイプではないから保管しておくと思う」と答えたアデトクンボは、腕時計に目をやり時間を気にしつつも、明日の試合に関する質問を受けると「準備はできている」と表情を引き締めた。

連覇に挑む今シーズン、アデトクンボはディフェンスに力を入れる必要があると語る。「レベルアップが必要だし、良いメンタルを保たないといけない。ウチの攻撃陣はタレントが揃っている。しっかりディフェンスして、試合を楽しんでいきたい」

「とにかく、明日は目の前の瞬間を楽しんで、リングを受け取って、チームメートと一緒に喜びを分かち合う。そして試合に集中する。良い結果を残したい」

RECOMMEND