初出場で格の違いを見せつけたルディ・ゴベア、相棒のドノバン・ミッチェルを称える「試合のトーンを整えてくれた」

初出場で格の違いを見せつけたルディ・ゴベア、相棒のドノバン・ミッチェルを称える「試合のトーンを整えてくれた」

2021/10/12 18:00
ルディ・ゴベア

ゴベアは19得点19リバウンド2アシスト2ブロックを記録

プレシーズンゲーム2試合を欠場していたジャズのルディ・ゴベアが、現地11日にホームで行われたペリカンズ戦に出場し、格の違いを見せつけた。

ゴベアは25分の出場で19得点19リバウンド2アシスト2ブロックをマーク。出場していた時間の得失点差を表すプラスマイナスでは+37と圧倒的な数字を記録するなど、プレシーズン初出場で見事なパフォーマンスを披露した。

127-96で完勝した試合の後、ゴベアは自身のパフォーマンスについて振り返るのではなく、エースのドノバン・ミッチェルのポテンシャルの高さを称えた。「ドノバンは試合のトーンを整えてくれて素晴らしかった。オフェンスでの彼の影響力もすごいけど、彼はディフェンスも素晴らしい。彼のフィジカルはモンスター級だよ。ただ、守備でも優れた存在になれることを彼自身は気がついていないと思う。今日の試合では、その一端を垣間見ることができた」

18得点3ブロックを記録したミッチェルは「今はリズムを整えることが大事。オフェンスもディフェンスも改善点はある。でも、全体的に見ればチームは良い状態だね。それでも、まだレベルを上げられる」と語った。

まだプレシーズンとはいえ、主力が揃ってすぐに結果が出るのは良い傾向だ。ジャズは現地13日にバックスとのプレシーズン最終戦を行い、20日にサンダーとのレギュラーシーズン開幕戦に臨む。

コメントを残す

RECOMMEND