17日放送の『∞無限大アスリート∞

17日放送の『∞無限大アスリート∞ "100万分の1"に会ってきた』で鶴我隆博×井手口孝×片峯聡太が初共演!

2021/10/14 18:00
無限大アスリート

福岡と佐賀で、10月17日14時35分からバスケ特番を放送

10月17日の14時35分から、福岡と佐賀を放送エリアとする『RKB毎日放送』にて、『∞無限大アスリート∞ "100万分の1"に会ってきた』が放送される。福岡大学付属大濠と福岡第一、全国屈指の強豪校が同じ県に2チーム揃う福岡で、多くの名選手を輩出してきた井手口孝(福岡第一)、片峯聡太(福岡大学付属大濠)の両コーチ、そして西福岡中など多くの中学校で指導に当たり、金丸晃輔や比江島慎などオリンピアンを育て上げた鶴我隆博という福岡県バスケの『ビッグ3』が初めてメディアで一堂に会する鼎談が実現した。

大濠を半世紀に渡って率いた田中國明からコーチを託された片峯はまだ若い指揮官。大濠でプレーしていた高校生の頃は、国体の福岡県チームで井手口の下でプレーしたこともあるという。片峯は「今日また収録前に鶴我先生、井手口先生の優勝回数を見てただただ緊張というか、重責を担ったことを感じた。私が高校生の時から強いことが当たり前の県だし、良いチームだけでなく強さも追及しなければならない」と気を引き締める。

そんな片峯に対して井手口は「あと30年はできます。年間3回優勝できるから90回で、桜花学園の井上眞一先生を抜けるのは片峯先生しかいない。それを僕らは楽しみにしています」と語る。

両チームに選手を送り出す立場の鶴我は、「両方に卒業生がいるからよく体育館をのぞかせてもらうんですけど、どちらも本当に雰囲気が良い。子供たちも目的を持ってやっているし、練習中の態度も中学生の時より一つ大人になって成長を感じます」と称える。鶴我は定年を迎えて、今年から福岡県のプロチーム、ライジングゼファーフクオカのアンダーカテゴリーを担当することになり、立場を変えながらも引き続き『強い福岡県』を担う。

番組はこの3人の鼎談だけでなく、MCを務める田村裕と朝日奈央により様々な企画が登場。福岡県出身選手として金丸晃輔とベンドラメ礼生が出演し、福岡第一出身で日本バスケの次代を担う逸材である河村勇輝と富樫勇樹の初対談も収録。HKT48の松本日向がリポーターとなり、大濠の1年生ビッグマン川島悠翔の練習風景に潜入する企画など、盛りだくさんの内容となる。

コメントを残す

RECOMMEND