東京パラリンピックで銀メダルを獲得した男子車いすバスケ日本代表にさらなる栄誉、鳥海連志がMVPに選出

東京パラリンピックで銀メダルを獲得した男子車いすバスケ日本代表にさらなる栄誉、鳥海連志がMVPに選出

2021/09/10 18:00
鳥海連志

「とてもとても嬉しく光栄です」

国際車いすバスケットボール連盟(IWBF)が東京パラリンピックの男子MVPに日本代表の鳥海連志を選出したと発表した。MVPはインスタグラムのフォロワーによる投票で選ばれた。

リオ大会に続き2度目の出場となった22歳の鳥海は持ち点2.5と障害の程度が比較的重い『ローポインター』でありながら、攻守の要として活躍。初戦のコロンビア戦では15得点16リバウンド10アシストのトリプル・ダブルを達成し、大会を通じて平均10.5得点、10.8リバウンド7.0アシストを記録した。

鳥海は自身のインスタグラムで「とてもとても嬉しく光栄です」と率直な思いを投稿した。

RECOMMEND