アジア競技大会期間中に買春行為をした永吉、橋本、佐藤、今村に所属クラブも処分

2018/08/29
Bリーグ&国内
8891

男子日本代表

写真=丸山素行

「自分自身の考えの甘さや、驕り、自惚れがあった」

アジア競技大会期間中に選手村を出て買春行為をしたことで永吉佑也(京都ハンナリーズ)、橋本拓哉(大阪エヴェッサ)、佐藤卓磨(滋賀レイクスターズ)、今村佳太(新潟アルビレックス)が1年間の公式試合への出場権剥奪の処分を受けたことで、4選手の所属クラブもそれぞれ処分を発表した。

永吉は『B1リーグ最低年俸(300万円)を日割りした金額』への減俸、社会奉仕活動への無期限従事という処分を京都から科された。橋本、佐藤、今村も所属クラブから『教育研修の実施』、『社会奉仕活動への従事』、『公式試合への出場権剥奪期間中の減俸』を科されている。

また各選手のコメントも発表されている。本人からの申し出で報酬を自主返納するという22歳の今村、そのコメントの一部を抜粋する。「今回の不祥事は、日本代表に対する、自分自身の考えの甘さや、驕り、自惚れがあったからこそ、不適切な行動に繋がってしまったのだと思います。そのような自分の愚かさをもう一度見つめ直し、誠心誠意自分と向き合い、過ちを謝罪し続けることが今の私にできることだと思っています」

日本バスケットボール協会の三屋裕子会長も、今日の会見で「アスリートにとって1年間は重い」との見解を話している。処分は下った。あとは4人の選手がいかにこの事態を受け止め、立ち直るか。その推移を見守りたい。