ステフィン・カリーが4年2億1500万ドルでウォリアーズとの延長契約に合意し『王朝復活』を目指す

ステフィン・カリーが4年2億1500万ドルでウォリアーズとの延長契約に合意し『王朝復活』を目指す

2021/08/04 17:00
ステフィン・カリー

2億ドル以上の契約を2回結んだNBA史上初の選手に

2度のMVPと3度のNBAチャンピオンに輝いたステフィン・カリーが、ウォリアーズと4年2億1500万ドル(約234億円)での延長契約に合意したと『ESPN』が報じている。また、カリーは2017年にも5年2億100万ドルの契約を結んでいるため、2億ドル以上の契約を2回結んだNBA史上初の選手となった。

現在の契約が2021-22シーズンまで残っているため、この延長契約は2022-23シーズンから2025-26シーズンまでの4シーズンに該当するものとなる。現在33歳のカリーは、これで38歳まではウォリアーズでプレーすることになり、キャリアの全盛期を球団に捧げることとなる。

昨シーズンのカリーは、シーズン前半戦に思うように勝てなかったチームを引っ張り続け、シーズン後半にはMVP級の活躍を見せてプレーイン・トーナメント進出の立役者となった。また、平均32.0得点を記録し、自身2度目のNBA得点王に輝いた。

球団がフランチャイズプレーヤーであるカリーに示した最大限の誠意に対し、カリーはプレーで応え、球団の『王朝復活』を成し遂げてくれるはずだ。

RECOMMEND