アルバルク東京の公認ショップイベントに安藤誓哉と小島元基、応援を呼び掛ける

2018/08/27
Bリーグ&国内
1362

アルバルク東京

文・写真=鈴木栄一 提供=ソフトバンク株式会社

一人ひとりと丁寧に言葉をかわす『神対応』

この週末、全国のソフトバンク内のB.LEAGUE公認ショップで各クラブの選手、チア、マスコットが来店するイベントが一斉開催された。アルバルク東京は本拠地であるアリーナ立川立飛に隣接するららぽーと立川立飛内の『ソフトバンクららぽーと立川立飛』が公認ショップに。8月26日には安藤誓哉、小島元基の司令塔コンビが各店舗を周り、この『ソフトバンクららぽーと立川立飛』では2人揃ってトークショーと握手会を行った。

トークショーでは2人で「目標は優勝」と力強く語る一方で、安藤は「コーチになるべく怒られないように(笑)」とユーモアも織り交ぜる。そして、7月中旬に田中大貴がシーズン前の公約実行として開催したファン感謝イベントに揃って参加していたこともあってか、「今シーズン優勝したら自分たちも同じようなファン感パーティーを開きたいです。安藤、小島が主催となって、大貴さんの時よりも盛大にやりたいですね」と宣言し、集まったファンを沸かせた。

また安藤は「今シーズンはより安定したプレーをして、よりリーダーシップを発揮したい」、小島は「プレーの質を高くしないといけない。それプラス、もっといろいろ挑戦していきたい」と抱負を語った。

トークショーの会場はららぽーと内のフードコート。夏休み中の日曜とあって若い女性や家族連れが多く、そんな買い物客にも良いアピールになったに違いない。その後は公認ショップへと場所を移し、2人は集まったファン一人ひとりと丁寧に言葉をかわしながら握手し、新シーズンの応援を呼び掛けた。
『B.LEAGUEスタンプ』詳細

A東京の公認ショップは今回のイベントが行われた『ソフトバンクららぽーと立川立飛』を始め、『ソフトバンク立川』、『ソフトバンク立川日野橋』、『ソフトバンク立川南』、『ソフトバンク国分寺北町』の5店舗。現在は公認ショップOPENキャンペーンを実施中。期間中に対象店舗でスタンプをもらうと、各クラブの年間対戦スケジュールが入った限定のポスターカレンダーをプレゼント。9月5日までの期間限定で、カレンダーがなくなり次第終了となるので、一早く公認ショップに足を運ぶのがオススメだ。