NBA優勝と東京オリンピック優勝の2つの目標を目指すデビン・ブッカー、アメリカ代表に向け「すぐに行くよ」

NBA優勝と東京オリンピック優勝の2つの目標を目指すデビン・ブッカー、アメリカ代表に向け「すぐに行くよ」

2021/07/08 12:15
デビン・ブッカー

オリンピック出場は「とても重要で、僕の人生の目標なんだ」

サンズはバックスとのNBAファイナル第1戦に勝利し、シリーズを優位に進めた。

チームの中心であるデビン・ブッカーはキャリア初のプレーオフにもかかわらず、レギュラーシーズンと変わらない高いパフォーマンスを続けている。タイトル獲得に集中しているブッカーだが、仮に悲願を達成したとしても彼のシーズンはそこで終わらない。

ブッカーは東京オリンピックに出場するアメリカ代表のメンバーに入っており、NBAファイナルが終了した直後に代表チームに合流する予定だ。もしファイナルが最終戦までもつれた場合、『GAME7』は7月22日に行われる。アメリカ代表は7月25日にフランスとの初戦を迎えるため、スケジュール的にギリギリとなるが、ブッカーはシリーズ終了後の最初の飛行機に乗れば、初戦に間に合うことをすでに確認し、指揮官のグレッグ・ポポビッチとも連絡を取ったという。

「次の飛行機で行くよ。ポップ・コーチにも連絡したし、(ジェリー)コランジェロ(ディレクター)にもつい最近連絡したんだ。今はオリンピックじゃなく、ファイナルに集中している。でも、みんながラスベガスに着いた報告を見て早く合流したいと思ったんだ。すぐに行くよ」

アメリカ代表はナイジェリア、オーストラリア、アルゼンチン、スペインとのエキシビションマッチを含む、オリンピックに向けた13日間のトレーニングキャンプを昨日開始した。キャンプには新人王最終候補に残ったアンソニー・エドワーズやタイリース・ハリバートンなど、将来性ある若手選手を中心としたセレクトメンバーがサポート役として同行している。ブッカーがオリンピックメンバーに選ばれたのは今回が初だが、2016年のリオオリンピックではセレクトチームに選ばれ、一緒にトレーニングを行った。こうした経緯から、ブッカーはオリンピック代表に選ばれたことが自分にとってどれほどの意味を持つかを力説した。

「とても重要で、僕の人生の目標なんだ。いつも言っていることだけど、オリンピックはバスケットボールにとって最も権威のあるイベント。自分の国を代表することで、別の次元に到達できると思う。これまでに国を代表してきた選手たちのことを考えると、金メダルを獲得すること以上に素晴らしいことはないと思う」

RECOMMEND