川村卓也が2シーズンを過ごしたシーホース三河を退団「ウィングアリーナの雰囲気が本当に大好きでした」

川村卓也が2シーズンを過ごしたシーホース三河を退団「ウィングアリーナの雰囲気が本当に大好きでした」

2021/06/30 19:19
川村卓也

マルチな活躍でチャンピオンシップ進出に貢献

シーホース三河が川村卓也の退団を発表した。

不動のエースとして横浜ビー・コルセアーズを3シーズン牽引してきた川村卓也は、2019-20シーズンにシーホース三河へ移籍。シックスマンという新たな役割を与えられるも黒星が先行し、シーズン途中から先発起用されることになった。

今シーズンも出場した51試合中39試合で先発を務めると、平均22.4分のプレータイムで7.3得点、2.3リバウンド、2.5アシストを記録。3ポイントシュート成功率はキャリアハイの45.3%を記録し、得点力が健在であることを証明するとともに、チャンピオンシップ進出に大きく貢献した。

川村はクラブとファンに向けた感謝の思いをリリースで発表した。「2シーズンという短い時間ではありましたが、常勝軍団と呼ばれたチームで、素晴らしい才能を持った選手たちに囲まれてプレー出来る日々はとても濃い刺激のある毎日でした。苦しい時期を経験したことでチームの絆がより大きく、強くなっていったと感じます。個人的にも、一人の人間として、プロバスケットボールプレーヤーとしてステップアップさせてもらえたと思っています」

「どんな時でもアリーナに足を運んでくれる皆さんのその気持ちが自分の大きな活力となっていました。今までも何度か言っていますが今でも強く思います。皆さんが創り出してくれるウィングアリーナの雰囲気が本当に大好きでした。この2シーズン、シーホースに関わってくれた全ての皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。Love SeaHorses Family.」

RECOMMEND