バスケットボール男子日本代表の不祥事、4人が日本選手団の認定を取り消され帰国

2018/08/20
日本代表
43316

男子日本代表

三屋裕子会長「日本代表選手として言語道断」

ジャカルタ(インドネシア)で行われているアジア競技大会、日本選手団の山下泰裕団長が会見を行い、男子バスケットボール日本代表の4選手を行動規範に照らし、日本選手団の認定を取り消す処分を下したことを発表した。

対象となるのは永吉佑也、橋本拓哉、佐藤卓磨、今村佳太の4選手。

日本バスケットボール協会も今回の不祥事についてリリースを出し、「8月16日のカタール戦試合終了後の深夜、日本代表選手団ウェア着用したまま現地歓楽街で遊行した」ことで、当該4選手を帰国させること、また男子日本代表チームは残る8名で大会に継続参加すると発表した。

日本バスケットボール協会の三屋裕子会長は「国民の皆さま、またバスケットボールを応援・支援してくださっている関係各位に対し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「今回の彼らの行動は、日本を代表する立場で戦いの場に臨む日本代表選手として言語道断であり、その思慮に欠ける行動に言い訳の余地はありません。一方で私たちの管理監督責任も痛感いたしております」とのコメントを発表している。