来夏フリーエージェントになるクレイ・トンプソンがウォリアーズ残留の希望を表明

2018/08/20
NBA&海外
4321

クレイ・トンプソン

写真=Getty Images

「毎試合ハードにプレーして、試合を楽しみたい」

2018-19シーズン終了後に現在の契約を満了し、フリーエージェントになるクレイ・トンプソンは、ウォリアーズとの再契約を最優先に考えている。

トンプソン・ファミリー財団が開催するゴルフトーナメント前のパーティーに出席したトンプソンは、『Bay Area News Group』の取材に対して「もう何度も言っていることだけれど」と前置きしつつ、「僕は生涯ウォリアーズでプレーしたい」と語る。

「契約交渉はまだ先の話になるけれど、球団も僕も同じ考えだと思っているよ。キャリアを終えるまで、僕は今のチームにいたい」とも主張した。

同じく生涯ウォリアーズを希望しているステフィン・カリーと同様に、トンプソンが残留を願う理由は明らかだ。ウォリアーズは、ここ4年で3回優勝し、今はカリー、ケビン・デュラント、ドレイモンド・グリーンという主力が全盛期の最中にいる。今年の夏には5人目のオールスター、デマーカス・カズンズも獲得するなど、どのチームより厚い戦力を保持し、前代未聞の『スーパーチーム』を結成している上に、どの個性を犠牲にするでもないフィーリングを実現させている。これはプレーする選手にとっても無上の喜びだ。

カリー、デュラント、グリーンと比較すると派手さも少なく、与えられた役割を淡々とこなしている印象のトンプソンだが、黄金期にある現在のウォリアーズにおいて、その影響力は計り知れないほどに大きい。短時間で大量点を決められる爆発力と正確無比なシュートで現在の地位を築いたと見られているが、トンプソンの真骨頂は、相手エースを完封するディフェンス力にある。

本来なら、オール・ディフェンシブチームにも選出されて然るべきレベルなのだが、トンプソン自身は「オールNBAチームやオール・ディフェンシブチームに選出されることを目標にしていない。とにかく、安定感のある選手でいたい」と静かに語る。

「とにかく毎試合ハードにプレーして、試合を楽しみたい。個人賞は後からついてくるもの。それだけの才能はあると思っているよ。ただ、もし前のシーズンと同じだけの結果を安定して残せたら、自分はそれで構わない」

スター選手を多く抱えているチームの財政事情を考え、以前は減額を受け入れる可能性も示唆したトンプソン。果たしてどういう結末になるのか、すべては敏腕GMボブ・マイヤーズにかかっている。