膝の大ケガを乗り越えた岩下准平、大濠の司令塔として復活を遂げる「大濠の練習が試合勘を戻すことに繋がった」

膝の大ケガを乗り越えた岩下准平、大濠の司令塔として復活を遂げる「大濠の練習が試合勘を戻すことに繋がった」

2021/06/08 18:30
岩下准平

福岡第一のお株を奪う堅守速攻で勝ち筋を見いだす

インターハイ予選の福岡県決勝は福岡大学附属大濠がライバルの福岡第一を1点差で破った。チームを引っ張ったのは岩下准平だ。1年生から主力を務めた岩下は、2019年のウインターカップでルーキーながら思い切り良く放つ3ポイントシュートを次々と決めて得点を量産。チームの決勝進出に貢献した。しかし昨年は左膝の前十字靭帯断裂の大ケガを負ってプレーできず。今回のインターハイ予選も地区大会には間に合わず、この時には福岡第一に敗れている。

「1カ月ぐらい前から5対5には入っていた」という岩下の復帰は、ギリギリでこの大一番に間に合った。片峯聡太コーチはプレータイムを長くても30分に抑えるつもりだったと明かすが、実際は30分を少し超えることになった。

左膝に巻いたサポーターは嫌でも目立つ。それでも試合開始直後にスピードに乗ったドライブからレイアップに持ち込んだ岩下はエンジン全開だった。チームメートが身体を張ってリバウンドを奪うと、力強いボールプッシュで速い展開を作り出し、味方を走らせる。福岡第一のお株を奪う堅守速攻で大濠に流れを呼び寄せた。

「バスケットをコートの外から見るのは初めてでしたが、長くなったのでコート全体を見るようになり、試合の時も少し余裕が持てるようになったのはあります。ケガする前、『自分が自分が』というのが強くて、仲間がフリーでも最後まで自分でやってしまったり。でも5人全員ができるので、そこで仲間を使ってまたボールが返ってきたのをしっかり決めるだとか、自分の体力面を補ったりだとかを今日は意識していました」

岩下准平

「勝って一安心するんじゃなくてインターハイに向けて一つひとつ」

31分40秒の出場で11得点。スタッツ以上にガードとして試合をコントロールした印象が強い。ただ、まだコンディションは100%ではなく、左足を攣ってベンチに下がる時間帯もあった。

「やっぱり熱くなってしまって最後はもたなかったです。チームメートに迷惑をかけてしまいました」と岩下は言うが、福岡第一の猛反撃を浴びながらもチーム一丸で踏ん張って追い付かれることなく1点差で逃げ切ったのは、それまでに大量リードを確保していたからでもある。2年生フォワードの湧川颯斗は「点差を付けておいて良かった」と、安堵のため息を漏らしている。

それでも岩下は「反省が多いです」と振り返る。「自分が攣っていなかったら多分、良いところでボールをもらえて良いタイミングでブレイクが出せていたと思いますし、そこで(本山)遼樹に託してしまったので。そこは自分が責任を持ってしっかりキープしなきゃいけなかったところで、迷惑をかけてしまいました」

「優勝できたので一安心ですが、勝って一安心するんじゃなくてインターハイに向けて一つひとつ勝てるようにまたしっかり練習していきたいです。練習試合がなかなかできずに試合勘を戻すのは結構難しかったんですけど、それでも大濠の練習が試合勘を戻すことに一番繋がったと思います。どこと当たるかはまだ分からないですけど、一つひとつしっかり勝って日本一に繋げたいです」

コメントを残す

RECOMMEND