カーメロ・アンソニーがロケッツと契約、ハーデン&ポールとの『ビッグ3』が誕生

2018/08/14
NBA&海外
6984

カーメロ・アンソニー

写真=Getty Images

生粋のスコアラー、カーメロにとっては理想の環境に

8月13日、ロケッツがフリーエージェントのカーメロ・アンソニーとの契約を正式に発表した。これでジェームズ・ハーデン、クリス・ポール、カーメロのビッグ3が誕生。2018-19シーズンも優勝候補の一角に挙げられているロケッツに強力な武器が加わった。

気になるのはカーメロの起用法だ。キャリア平均24.1得点、6.5リバウンド、3.0アシストを記録しているとはいえ、34歳になったカーメロの力は衰え始めている。『Houston Chronicle』によれば、ヘッドコーチのマイク・ダントーニは、カーメロを先発で起用するか、ベンチからの得点源として使うかはまだ決めておらず、カーメロと会って話した際に、本人は先発でもベンチのどちらであっても受け入れる姿勢を示したと語ったという。

どちらの起用法にしても、チームメートの力を生かすアンセルフィッシュなハーデンとポールと一緒にプレーするのであれば、チャンスメークには事欠かない。オープンな状態でシュートを打つチャンスは確実に増え、スコアラーとしてのカーメロの才能は再び輝くはずだ。

いずれにしても、打倒ウォリアーズに向けた布陣は完成した。あとは、来月からのトレーニングキャンプ、プレシーズンを経て、チームケミストリーを構築するだけだ。