アルバルク東京のバスケットを突き詰めてBリーグ連覇を狙うザック・バランスキー

2018/08/08
Bリーグ&国内
4443

ザック・バランスキー

文=丸山素行 写真=野口岳彦、B.LEAGUE、バスケット・カウント編集部

洗練されたチームバスケットで2年目のBリーグを制したアルバルク東京。その中でリーグでも数少ない、3番と4番を兼任できるプレーヤーとして数々の勝利に貢献したのが、強靭な身体と柔らかいシュートタッチを併せ持つザック・バランスキーだ。アリーナ立川立飛で行われた新体制発表会見後、新シーズンへの思いを語ってもらった。

「ルカを信じてついていった結果が優勝だった」

──すでに新シーズンに向け始動したそうですが、現状での練習の強度はどうですか?

もちろん初日からビシバシやってます。1年前の感じを早速思い出しました。昨シーズンはルカが初めてで、すべてが新しかったので、身体も精神的にも疲れはありました。でも今年はなんとなくリズムも分かって準備はできていたので、昨シーズンよりは気持ちの面で少し楽ですね。

──優勝してシーズンオフを満喫できただけに、ハードワークの日々はキツいのではないかと思いますが、気が滅入ったりはしませんか?

僕は高校、大学と練習が激しいところの出身です。厳しい練習が好きかと言われれば好きではないですけど、やった分だけ自分に返ってくるのは分かっているので。「それはやらなくていいでしょ?」とか思う時もあるんですけど、ルカがやるといったらやるしかないです。それでルカを信じてついていった結果が優勝だったので、今年もキツイのは分かっていますけど、そこは文句言いながらやりたいと思います(笑)。

ザック・バランスキー

オン・ザ・コートルールの変更も「常に準備している」

──オン・ザ・コートのルールが変更になったことで、昨シーズンよりもインサイドでの貢献が求められるようになるのではないでしょうか?

特に何も言われてはいません。ずっと4番でやってきたわけで、昨シーズンと同じで3番をやりつつ、4番をたまにやる感じだと思います。それで言うと昨シーズンに初めて3番をやらせてもらったので、逆にそっちで練習しなきゃいけないことが多いです。

──3番でプレーするのが初めてだったのは意外です。あんなに3ポイントシュートも入るのに!

3ポイントシュートは打ちますけど、ドライブとかディフェンスでもっと詰めていかなくちゃいけない部分があったんです。4番はずっとやってきたのである程度は分かっていて、今はどちらかと言うと3番の練習をしています。

──昨シーズンよりも4番ポジションの重要性が増すレギュレーションになると思っていましたが、その様子だと特別気負いはなさそうですね。

そうですね、昨シーズンもずっと(竹内)譲次とかジャワッド(ウィリアムズ)が抜けたら、僕が4番で入るというスタンスでいました。その時その時、チームが何を必要としているかによって僕の役割も変わるし、両方できるように常に準備しているつもりです。

ザック・バランスキー

「さらにレベルの高いバスケットボールができます」

──周りのチームは打倒A東京を目指し積極的に補強を行っていますが、A東京は昨シーズンからほとんどメンバーが変わりません。補強がないことへの不安はないですか?

優勝するためにはディフェンスが大事です。リーグの中でも僕たちが一番ディフェンスの練習をハードにやって、相手の研究もして、準備をしているので、メンバーを変える必要はないと思います。ディフェンスの練習で一歩でも足を間違えたらすぐ正してもう一回やり直したり、ルカは徹底します。今でもルカが目指す完成度にはほど遠いんです。

──完成度に関して、ルカコーチは「まだ30%」と話していました。それでも昨シーズンは優勝できたわけで、このメンバーで同じスタイルを突き詰めればどこまで行けると思いますか?

まだルカのバスケットボールを1シーズンしかやっていないので、それをもっと追求していけばさらに強いチームになると思いますね。昔の強い時代のスパーズとかピストンズとかを見ても、メンバーはほとんど変わらないじゃないですか。そういうのを見るとメンバーが変わらないで、そのまま前のシーズンのバスケットボールを追求していくと、さらにレベルの高いバスケットボールができますよね。

──連覇に自信アリ、ということですね。

そうですね。自分がやっているバスケットボールに自信を持たないと何も始まらないので。