ヒートがブルズの猛追をかわして勝利、バム・アデバヨは「0.5点差だろうが勝てれば良い」

ヒートがブルズの猛追をかわして勝利、バム・アデバヨは「0.5点差だろうが勝てれば良い」

2021/04/25 16:00
バム・アデバヨ

トップ4浮上のため負けられない戦いが続く

現地4月24日、ヒートがホームでブルズと対戦し、106-101で勝利した。

バム・アデバヨが20得点6リバウンド10アシスト、ダンカン・ロビンソンが23得点、ジミー・バトラーが20得点、ケンドリック・ナンが22得点を記録し勝利に貢献。第4クォーターを80-64で迎えたヒートだったが、ブルズの猛攻に苦しめられ、残り15.8秒には103-101と2点差に詰め寄られたが、フリースローで確実に点を加えて逃げ切ることに成功し勝利を収めた。試合後の会見でアデバヨは「たとえ0.5点差だろうが勝てれば良い。最後にW(勝利)がつけば、それでいいんだ」と語った。

前日にはライバルのホークスに敗れたヒートだったが、気持ちを切り替えてブルズ戦に臨んだ。ロビンソンは試合後のインタビューで「昨日の結果にはチーム全員が落胆したけど、負けから学ぶしかない。今日は気持ちを前に出してプレーできた。こういうプレーができればウチは強い」と答えた。

ヒートは東カンファレンス7位につけている。9連勝で4位に浮上したニックスとの差はまだ2ゲームで、ニックス、ホークス、セルティックス、ヒートによるトップ4争いは、さらに過熱しそうだ。5月にはライバルのセルティックスとの連戦、東カンファレンス上位のセブンティシクサーズ、バックスとの対戦を残しているヒートだが、この日のように勝てる試合を取りこぼさず、チームのカルチャーである気持ちを前面に押し出すプレーを続けて、ファーストラウンドでホームコート・アドバンテージを得られる4位フィニッシュを狙う。

RECOMMEND