ウォリアーズにとって最大の敵は、過去最高レベルの期待

2016/09/06
NBA&海外
1508

写真=Getty Images

チームのバランスを新たに見いだす必要がある

ケビン・デュラントを獲得して『スーパーチーム』を結成したが、それを心から祝福しているのは純粋なウォリアーズファンのみで、あとは敵だらけ。NBAを代表する4人のスター選手が、キャリア全盛期に同じチームでプレーする状況は、2010年のヒートに酷似している。

レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュが同年にフリーエージェントとなり、3人は優勝という目的のためヒートに集結した。『スリーキングス』と呼ばれたチームは、優勝以外は失敗という難題に向き合い、2010年から4年連続ファイナル進出、12年と13年に2連覇という結果を残した。そして2014年、ジェームズが古巣キャバリアーズへの復帰を決め、一つの時代にピリオドを打った。

ヒートと同様に、新ウォリアーズが短命という意見もある。確かに、4人ともマックス契約を得るに値することを考えれば、サラリーキャップの都合上、全員と同時期に満額の契約を結ぶのは難しい。

だが、それは先の話。当面、ウォリアーズが立ち向かうべきは昨シーズンの成績だ。73勝9敗という年間最多勝利記録の更新、NBA新記録の開幕24連勝など、打ち立てた記録は枚挙にいとまがない。もちろん、今シーズンも十二分に優勝を狙えるだけの戦力を備えている。

エースのステフ・カリーは、2016年のプレーオフ中に足首とヒザを故障したが、治療を優先するためにリオ五輪出場を断念した。『スプラッシュブラザーズ』の相棒クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン、そしてデュラントはアメリカ代表として五輪に参戦し、疲労の蓄積が懸念されるが、3人ともまだ若く大した影響はないだろう。

ただ、アンドリュー・ボーガット、ハリソン・バーンズ、マリース・スペイツといった『チームを支えた黒子プレーヤー』を失ったことで、適切なチームのバランスを新たに見いだす必要がある。

「優勝以外は失敗」という言葉では足りない

トレーニングキャンプ開始まで1カ月を切った今、ウォリアーズに最も必要なのは時間だ。一昨シーズンの優勝メンバーとほぼ同じ面子で臨んだ昨シーズンとは大きく異なり、このプレシーズンに新たなメンバーで新たなチームプレーを構築しなければならない。

ウォリアーズGMを務めるボブ・マイヤーズも、シーズン序盤の苦戦を覚悟していることを『KNBR』の番組に出演した際に語っている。「ケミストリーの構築には時間がかかる。1日や1週間、1カ月で作られるものではない。チームには過去最大の期待が寄せられている。NBA優勝チームとして開幕を迎えた1年前よりも期待は大きいだろう。球団としては常に勝利を目指すべきだが、苦戦したり、連敗を喫することもあると思っている」

だが、もし仮にシーズン序盤で2敗、3敗と負けた時、「想定の範囲内」として平静を保っていられるだろうか。メディアは騒ぐ。世界中のバスケファンが『スーパーチーム』のつまづきを見逃しはしないだろう。「開幕24連勝した昨シーズンのチームのほうが強かった」という論調になり、事細かに弱点を分析されるのは目に見えている。

ウォリアーズはそんなプレッシャーにも向き合わねばならない。「優勝以外は失敗と見なされる」などという言葉だけでは足りないほど、アプローチが難しい開幕となるのだ。

ショットブロッカー、パサーとしても優れていたボーガットが抜けてできた穴は決して小さくないだろうが、粘り強いディフェンスが持ち味のザザ・パチューリア、昨シーズンはスパーズで求められた役割を高い水準でこなしたデイビッド・ウェストの加入はプラスだ。昨シーズン途中から加入したアンダーソン・ヴァレジャオも、プレーこそ地味だがハートの強さを全面に押し出し、チームに勢いを与えてくれる。

デュラントの加入が最大のプラスとなるのは、相手がディフェンスでスイッチを多用してきた時だ。昨シーズンは対戦相手にスイッチを多用され、効率良く点を決められない試合もあった。デュラントには1対1から打開する力もあり、シュートレンジも広いため、いかなる状況でもボールを集められる。

残す難問は、カリー、デュラント、トンプソン、グリーンの役割分担だが、これもマイヤーズが指摘する通り、時間が必要になる。昨シーズン下位に終わったチームとの対戦が比較的多く組まれている前半戦でチームの形を見いだせればよい。真価が問われるのは、昨シーズンのプレーオフ進出チームとの対戦が続く来年の1月以降だ。

カリー、トンプソン、グリーンに加えデュラントが加わるとなれば否が応でも優勝への期待は高まることに。