【4月13日のNBA】レギュラーシーズン最終戦、ウォリアーズとカリーが前人未到の大記録
2016/04/15

写真=Getty Images

カリーは史上初の年間3ポイントシュート成功数400本超えを達成

4月13日、オラクル・アリーナでグリズリーズと対戦したウォリアーズは、125-104で圧勝。ブルズが1995-96シーズンに成し遂げた年間72勝を1勝上回る73勝9敗で2015-16シーズン全日程を終え、年間最多勝利記録を更新した。

20年前のブルズでプレーし、現在ヘッドコーチとしてウォリアーズの指揮を執っているスティーブ・カーは、新記録達成について「選手たちには、『絶対にあり得ないと考えていた』と伝えた」と、シーズン中は明かさなかった胸の内を語った。

「(ヤンキースの)ジョー・ディマジオの連続安打記録と同じようなもので、破られることはないと考えていた。私が間違っていたようだ。20年前と同じことを言うが、この記録は破られることはない。年間74勝8敗を達成できるチームなんていない」

年間最多勝利記録もさることながら、エースのステファン・カリーにとっても個人記録がかかっていた。

試合前の時点で年間3ポイントシュート成功数392本としていたカリーは、試合開始からエンジン全開。第1クォーターだけで9本中6本の3ポイントシュート成功を含む20得点と、まさにアンストッパブルなカリーがレギュラーシーズン最終戦に現れた。

カリーの熱は『スプラッシュ・ブラザーズ』の相棒、クレイ・トンプソンにも飛び火する。トンプソンは第2クォーターだけで3ポイントシュート4本を決めるなど、手の付けられない状態に。前半終了までに早くも20点リード、ウォリアーズの圧勝ペースができあがった。

カリーは第2クォーターにも3ポイントシュートを1本成功させ、399本に到達。そして第3クォーター開始早々に右コーナー付近から3ポイントシュートを軽々と沈め、ついに年間400本を達成した。

第3クォーター残り5分、ドレイモンド・グリーンからのパスを受け取ろうとしたカリーは、距離を詰めてスティールを狙ったグリズリーズのザック・ランドルフとの接触で吹き飛ばされ周囲をヒヤリとさせたものの、プレーに復帰。30分の出場で3ポイントシュート19本中10本を含むフィールドゴール24本中15本の46得点を叩き出し、前人未到の個人記録とともにチームの偉業達成に貢献した。

最高の形でレギュラーシーズンを締めくくったウォリアーズは、現地16日から始まるプレーオフ1回戦で西8位が確定したロケッツと対戦する。

歴史が塗り替えられる瞬間に立ち会ったファンは、その幸運を大いにエンジョイした。

4月13日の試合結果
ヒート 88 - 98 セルティックス
ピストンズ 112 - 110 キャバリアーズ
セブンティシクサーズ 105 - 115 ブルズ
スパーズ 96 - 91 マーベリックス
キングス 81 - 116 ロケッツ
ペイサーズ 97 - 92 バックス
ペリカンズ 109 - 144 ティンバーウルブズ
ラプターズ 103 - 96 ネッツ
ホークス 98 - 109 ウィザーズ
マジック 103 - 117 ホーネッツ
グリズリーズ 104 - 125 ウォリアーズ
ジャズ 96 - 101 レイカーズ
クリッパーズ 105 - 114 サンズ
ナゲッツ 99 - 107 ブレイザーズ

RECOMMEND