ワールドカップで躍進するU-17女子日本代表、今夜ベスト4進出を懸けハンガリー戦

2018/07/27
日本代表
3083

女子U-17日本代表

写真=FIBA.com

スピードとハイプレッシャーで中国を破り8強へ

ベラルーシのミンスクで行われているU-17ワールドカップに参戦中のU-17女子日本代表は、予選リーグを2勝1敗で終え、決勝トーナメントへ駒を進めると、ベスト16でアジアのライバルである中国を82-73で退けた。

日本の平均身長は174cmで、萩原美樹子ヘッドコーチも以前、「日本のチームは常に大きくないですが、その中でも特に大きくないチームです」と話していた。対する中国は、190cm超えが2人、180cm超えが5人と日本を大きく上回った。

それでも日本は前線から激しいプレッシャーをかけて簡単にボール運びをさせず、攻めるようなディフェンスでボールラインを上げさせた。またビッグマンにボールが入った際には積極的にダブルチームを仕掛けた。素早いローテーションでズレを消し、苦し紛れのパスをカットするなど、高さに対抗した。

そして、機動力では上回る日本は、その強固なディフェンスからトランジションバスケットを繰り出し、相手ビッグマンを置き去りにした。

チームハイの17得点を挙げた野口さくらのドライブや三浦舞華のクイックリリースから放たれるシュートがよく決まった日本代表が試合の主導権を終始握ってはいたが、第3クォーターを終えてリードはわずかに3点。それでも速攻や3ポイントシュートで逆転を許さず、マヤ・ソフィア・マッカーサーの粘りのディフェンスなど、チームディフェンスの強度が落ちない。集中力が途切れてミスが出始めた中国を突き放し、82-73で勝利を収めた。

世界の8強へと駒を進めた日本代表の次なる相手はハンガリーだ。ハンガリーはグループCを首位通過、ここまで4試合全勝と好調のチーム。190cm以上の選手はいないが180cm後半の選手を多く揃えており、平均身長は中国と同じ179cmと、今回も日本は高さで苦戦することが予想される。日本の速い展開にいかに持ち込むかが試合の分かれ目となるだろう。試合は今日の深夜2時30分にティップオフとなる。