インカレ制覇から2度目のBリーグ挑戦へ、ビーコルに加わった河村勇輝(後編)「自分に打ち勝って、良い年にしたい」

インカレ制覇から2度目のBリーグ挑戦へ、ビーコルに加わった河村勇輝(後編)「自分に打ち勝って、良い年にしたい」

2021/01/02 12:00
河村勇輝

横浜ビー・コルセアーズに特別指定選手として加わった河村勇輝がZoom取材に応じてくれたのは、12月31日の午後だった。大学バスケのオフシーズン、つまりBリーグで自分の成長を試す期間も、河村は単位取得のために授業に出なければならない。慌ただしい中で河村がホッと一息付けるのが、年内最後の練習を終えた大晦日の午後だったのだろう。「何の予定も入れていないので、一人寂しい年末なんです」と屈託のない笑みとともに語るが、『自分に打ち勝つこと』をテーマとする彼にとって大事なのは「プライベートも含めて時間をどう使うか」であり、ここで取材を片付けてしまうのが最善の方法だったに違いない。2020年の最後に、河村は自身の成長とビーコルでの抱負、終わったばかりのウインターカップまで、多くを語ってくれた。

「時間の使い方は自分次第、有意義な時間を過ごせるように」

──2021年の目標を教えてください。

3月まではビーコルで一つでも多く勝つこと。チームの勝利に貢献できるように頑張りたいです。特に年明けの2日と3日はホームでのデビュー戦でもありますし、ビーコルブースターの皆さんの前で良いプレーができるように、ともに勝利できるように頑張りたいです。大学に戻ってからはインカレ連覇はもちろんですし、リーグ戦があればリーグ戦は全勝優勝したいです。東海大のチームメートとタイトルを取りにいきたいです。

──大学でタイトルを取る、プロで勝っていくだけでも大変なのに、最優先は勉強です。オフコートの部分も含めて自分自身に打ち勝つ必要がありますね。

本当に今おっしゃったように、学生としてはバスケは二の次でやっていかないといけないですし、バスケと勉強を両立させて単位を取るためには、僕が自分自身に打ち勝たないといけないです。プライベートも含めて時間の使い方は自分次第なので、そこで有意義な時間を過ごせるように、将来に向けてやっていきたいです。東海大では勝つことは当たり前で、相手よりも自分たちに打ち勝つことで試合に勝てる、という考え方をします。準備段階で自分に打ち勝つことができれば良い準備をして試合に入ってベストパフォーマンスが出せると思います。そういった部分も含めて自分に打ち勝って、良い年にしたいです。

──ビーコルでこんなプレーをしたい、というイメージはありますか?

練習はまだ数えるぐらいしかやっていなくて、島根でのデビュー戦もぶっつけ本番でした。自分の役割は東海大でもそうなんですけど、途中出場でどれだけ流れを持ってこれるか。あとは点を取りに行く姿勢は出したいと思っています。今は外国籍選手が得点を取りに行く場面が多く、負担が大きすぎると思うので、そこを自分がスコアすることでサポートしたいです。そうやって外国籍選手の負担が減れば、彼らが大事なクラッチタイムで気持ち良くプレーできることになるので。

河村勇輝

「ワクワクしていますけど『いつも通り』を意識」

──坊主の河村選手を取材する機会が多かったので髪が伸びているのがすごく気になります(笑)。髪型のこだわりは?

特にやりたい髪型があるわけじゃないんです。東海大の何人かがお世話になっている美容師の方がいて、僕も東海大に入ってそこに行くようになって全部お任せですね。特に何か注文するわけでもなく、行って任せています。別に僕は坊主に抵抗はなくて、坊主も似合っていると結構言われていたので、何かあって反省する感じを出さなきゃいけない時はすぐ坊主にします(笑)。

──河村選手が大学を辞めてプロ一本に絞る、みたいな噂を耳にしますが、実際どうですか?

それはデマです。何のためのデマか分からないですけど、ただの憶測じゃないですかね。今シーズンもBリーグを経験させてもらうんですけど、この1年間で東海大のバスケットから学べたことがすごくたくさんあったし、この先の1年間も東海大でバスケをすれば成長できるという確信をもっています。今回はビーコルでお世話になりますけど、活動期間が終わったら大学に戻って勉学と部活動に励みます。ただ、もともと将来は教員になりたいとずっと話してきましたが、実は少しブレています。教職はとりあえず取るつもりで、今年度も教員免許の単位は取っていますし、来年度も取る予定ではあるんですけど、それが目標ではなくなっている部分もあります。Bリーグで結果を残すことでセカンドキャリアにも繋がってくるという考え方です。

──まずは目の前のこと、ビーコルでのプレーに集中するということですね。2年目のBリーグ挑戦はワクワクしますか?

ワクワクしていますけど『いつも通り』を意識しています。ポイントガードの役割としては冷静さを保つことが第一なので。

──島根戦を見ていると、三遠の時よりもウォーミングアップ中やベンチで笑顔が増えた印象です。

三遠の時は僕も初めてで緊張がすごかったんです(笑)。今回はプロで2年目ということで、良い意味で慣れてきた部分があると思います。楽しくプレーすることも大事なので、ポイントガードとしてチームを良い雰囲気にできるように、またベンチでも盛り上げていきたいと思っているので、特に意識しているところではないんですけど、それで笑っているんじゃないですかね。

──ビーコルのブースターの皆さんにメッセージをお願いします。

ビーコルブースターの皆さん、今回ホームデビュー戦が横浜国際プールであります。先週は2連勝できなかったですけど、今回はチーム一丸となって絶対に連勝してビーコルブースターの皆さんの前で『Yポーズ』ができるように頑張ります。ご声援のほど、よろしくお願いします。

RECOMMEND