バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&Avol.11「股関節が固くてパワーポジションが取れません」

バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&Avol.11「股関節が固くてパワーポジションが取れません」

2020/11/21
ケガ予防のQ&A

スポーツにケガは付き物ですが、年齢や競技レベルにかかわらず、できることならケガと無縁でプレーを楽しみたいもの。それでもバスケットボールは激しいコンタクトがあり、急なダッシュとストップ、ジャンプと着地を繰り返すハードな競技です。そんなバスケをケガなく続けるために、ケガの予防や対処の知識を得ておきましょう。スポーツ医学の専門家である近良明医師に、特に成長期にある10代までのバスケ選手によくある疑問に答えてもらいました。皆さんも疑問がある場合はこちらに質問をお寄せください(ただし、痛みや不具合がある場合は早めにお近くの専門医に相談しましょう)。

答えてくれたのは……近良明医師 新潟県新発田市出身。スポーツ医学と肩関節外科が専門の整形外科医として新潟県新潟市に『こん整形外科クリニック』を構える。新潟県バスケットボール協会スポーツ医科学委員長を務める。

[Q]ストレッチを頑張ってもスタンスが落ちません
高校生です。もとから股関節が人より硬く、基本となるパワーポジションがとれません。ストレッチも頑張っていますが、なかなかスタンスが落ちません。何か良い方法があれば教えてください。

[A]過度に他の人と比べる必要はありません
もとから股関節が硬いのでしたら、他の人と比べる必要はないかと思います。もちろん柔軟性はないよりはあったに越したことがないので、引き続きストレッチは続けてください。

また、パワーポジションとはウェイトリフティングから来た言葉で、安定して重いものを挙げられる股関節と姿勢のポジションです。あなたがガードもしくはフォワードであれば、安定性よりも俊敏に動く方が大事ですので、重心を少し前において膝と足首をもう少し曲げてみて『安定性より動きやすさ』を優先しても良いかもしれません。

過去の『ケガ予防のQ&A』はこちらから!

コメントを残す

RECOMMEND