富山グラウジーズのキャプテン、阿部友和が右内側半月板の手術を受け全治2、3カ月に

富山グラウジーズのキャプテン、阿部友和が右内側半月板の手術を受け全治2、3カ月に

2020/10/23
阿部友和

完治と復帰を目指して手術を決断

富山グラウジーズは今日、阿部友和が右内側半月板損傷の手術を終えたことを発表した。

クラブによると、保存治療にて復帰を目指していたが経過が思わしくなかったため、完治と復帰を目指して手術を決断したという。

阿部は2018-19シーズンから富山でプレーし、在籍1年目からクラブ初となるチャンピオンシップ進出に貢献し、今シーズンで在籍3年目になる。昨シーズンに引き続き、今シーズンも宇都直輝とともにキャプテンを務め、個性派揃いのチームをまとめている。なお、今シーズンはベンチには入っているが試合にはまだ1試合も出場していなかった。

クラブは全治約2、3カ月になると発表しているため、阿部がコートに立つのはしばらく先になる。それまではコート外から、持ち前のリーダーシップを発揮してチームをまとめる阿部の姿に期待したい。

RECOMMEND