クリッパーズを退団したドック・リバースがセブンティシクサーズの新ヘッドコーチに就任

クリッパーズを退団したドック・リバースがセブンティシクサーズの新ヘッドコーチに就任

2020/10/02
ドック・リバース

エンビード&シモンズ中心のチーム作りへ

セブンティシクサーズは元クリッパーズ指揮官のドック・リバースが新ヘッドコーチに就任したことを発表した。リバースはクリッパーズがプレーオフセカンドラウンドでナゲッツに1勝3敗から敗れた責任を取る形で退団したばかりだった。

シクサーズがリバースを招聘したのはチームの再建ではなく、再生が目的だと『The Ringer』は報じている。シクサーズにはジョエル・エンビードとベン・シモンズという才能あふれる選手がいるが、お互いの良さを引き出すことができなかった。リバースの仕事はエンビードとシモンズを中心にケミストリーを構築することになる。

シクサーズの次期ヘッドコーチ候補には、元ロケッツのマイク・ダントーニやリバースの元でアシスタントコーチを務めていたタロン・ルーの名前が挙がっていた。もしダントーニが就任し、スペーシングを重要視するオフェンスを選択すれば、エンビードを放出する可能性もあっただろう。

だが、リバースはダントーニのように一定の戦術スタイルを押し付けるタイプではない。戦術に合わないからといってエンビードのようなオールスター選手を放出するリスクを取るとは考えにくい。球団とリバースは現在のコアを残しながら戦うことで一致したと言える。

リバースは長年NBAでヘッドコーチを務めており、優勝の経験もある。コミュニケーション能力が高く、彼の下では選手がわだかまりなくそれぞれの役割をこなすことで知られている。球団はリバースのサポート役も探していて、すでに元ペリカンズヘッドコーチのアルビン・ジェントリーの名前が挙がっている。

シクサーズは2019-20シーズンを通して不協和音が絶えず、エンビードとシモンズのどちらかがトレードを要求する可能性も噂されていた。球団はリバースを招聘することで事態の沈静化を図るとともにチームの新たな方向性を示した。

RECOMMEND