サンズが1試合70得点のオフェンスマシーン、デビン・ブッカーとマックス契約へ

2018/07/06
NBA&海外
4348

写真=Getty Images

低迷したチームを変えるフランチャイズプレーヤーに

サンズはデビン・ブッカーと再契約を結ぶ方向で動いており、今週末にも5年1億5800万ドルのマックス契約で合意する見込みだと『ESPN』が伝えた。

2015年にドラフト全体13位でサンズに入団したブッカーは、ルーキーイヤーからその高い得点能力を発揮し、出場した76試合中51試合で先発出場を果たした。そして平均13.8得点を記録し、オールルーキーファーストチームに選出された。

2年目からはチームの中心選手となり、78試合すべてで先発を務め、平均22.1得点とそのオフェンス力を遺憾なく発揮した。そして3月24日のセルティックス戦では、一人で70得点を記録する大爆発を見せ、一躍ブッカーの名前は世に知れ渡った。

シーズンを重ねるごとにスタッツを伸ばしていき、今シーズンは平均24.9得点、4.5リバウンド、4.7アシストを記録。3ポイントシュートコンテストでも優勝し、名実ともにサンズの顔となりつつある。

だがブッカーの成長とは裏腹に、チームは3シーズン連続で20勝台に終わるなど低迷が続いている。それでも先日のドラフトでは、216cm113kgの走れるビッグマン、ディアンドレ・エイトンを全体1位で獲得。さらに今シーズンには、昨年のドラフト全体4位で獲得したジョシュ・ジャクソンが、平均13.1得点4.6リバウンドを記録するなど、将来有望な若手を擁している。そこにロケッツからベテランのトレバー・アリーザを獲得しており、若いチームに足りない経験値を補う補強をした。

フランチャイズプレーヤーとしての期待を背負うブッカー、即戦力ルーキーのエイトン、計算できるジャクソンと若い力が集結したサンズ。再びプレーオフ常連チームとなれるか、そのピースは揃いつつある。