千葉ジェッツが新体制を発表、富樫勇樹がミニバスケット以来となるキャプテンに就任

千葉ジェッツが新体制を発表、富樫勇樹がミニバスケット以来となるキャプテンに就任

2020/09/20
富樫勇樹

久しぶりのキャプテン就任も「大変と思うことはない」

千葉ジェッツが新体制を発表。キャプテンに富樫勇樹、副キャプテンに田口成浩が就任したことを発表した。

指揮官の大野篤史から「強制するつもりはない」との言葉を受けたことで、一度はキャプテンの依頼を断ったという。それでも「チームの勝利に貢献できるようにと、より心掛けるようになると思った」ことで、富樫はキャプテンの大役を引き受けた。

「みんな一人のプロ選手として自覚を持ってやっているので、大変と思うことはない」と、富樫に気負いはない。Bリーグが開幕してから、千葉は小野龍猛と西村文男がキャプテンを務めてきた。「ウチはキャプテンのハードルが低いので、そこに関しては良かった(笑)」と、先輩を暗にディスったが、こうした言葉からもキャプテンを重荷に感じていないことが分かる。

クラブを通して、富樫は以下のコメントを発表している。「ミニバス以来のキャプテンです。みんな不安に思っていると思います。笑。今まで以上に周りを見るようになり、新しい発見もあり、僕自身も成長できるいいチャンスだと思っています。 不撓不屈の精神で今シーズン、チーム全員で戦っていきます」

2シーズン連続で副キャプテンとなった田口は「みんな仲は良いですが、富樫に対して『あれをやれ』と言えるのは僕くらいしかいない。そういったことも含めてバイスキャプテンになったと思う」と語った。さらに「富樫がキャプテンになるなら僕しかいないでしょ、と心の中では思っていた」ことを明かした。

田口もクラブを通して、以下のコメントを発表している。「富樫勇樹がキャプテンです。色々サポートします!雰囲気の良い時はもちろんですが、悪い時にどれだけ盛りあげていくかというところも、今シーズンの目標でもありますので、そこにも注目してもらえればと思います!なにがなんでも優勝!おいさー!」

RECOMMEND