バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&A vol.7「プレー中に腰が痛みます、椎間板ヘルニアでは?」

バスケットボール選手が知っておきたいケガ予防のQ&A vol.7「プレー中に腰が痛みます、椎間板ヘルニアでは?」

2020/10/24
ケガ予防のQ&A

スポーツにケガは付き物ですが、年齢や競技レベルにかかわらず、できることならケガと無縁でプレーを楽しみたいもの。それでもバスケットボールは激しいコンタクトがあり、急なダッシュとストップ、ジャンプと着地を繰り返すハードな競技です。そんなバスケをケガなく続けるために、ケガの予防や対処の知識を得ておきましょう。スポーツ医学の専門家である近良明医師に、特に成長期にある10代までのバスケ選手によくある疑問に答えてもらいました。皆さんも疑問がある場合はこちらに質問をお寄せください(ただし、痛みや不具合がある場合は早めにお近くの専門医に相談しましょう)。

答えてくれたのは……近良明医師 新潟県新発田市出身。スポーツ医学と肩関節外科が専門の整形外科医として新潟県新潟市に『こん整形外科クリニック』を構える。新潟県バスケットボール協会スポーツ医科学委員長を務める。

[Q]椎間板ヘルニアでは?
バスケしていると腰が痛くなります。友達に椎間板ヘルニアの人がいますが、私もそうでしょうか?

[A]おしりや太ももの痛みやしびれはありませんか
腰の痛みと一緒に、おしりや太ももの痛みやしびれはありませんか。腰椎椎間板ヘルニアの特徴的な症状は、おしりから下肢に走る痛みやしびれ、寝たまま膝を伸ばして足を挙げると下肢に痛みが走ることがあります。これはSLRテスト(下肢伸展挙上テスト)といいます。

これらの症状があれば練習は中止し、早めに整形外科の受診をお勧めします。MRIを撮り確認することで診断できます。

RECOMMEND