滋賀レイクスターズが『外国籍選手追加契約ルール』を活用してウィル・クリークモアを獲得

滋賀レイクスターズが『外国籍選手追加契約ルール』を活用してウィル・クリークモアを獲得

2020/09/04
ウィル・クリークモア

「チームの為に全力を尽くしていきます!」

滋賀レイクスターズは今日、『外国籍選手追加契約ルール』を活用してウィル・クリークモアを獲得したと発表した。

クリークモアはアメリカ出身、205cm109kgのパワーフォワード兼センター。これまでにドイツやイギリス、ベトナム、ウルグアイなどを渡り2016年に来日。西宮ストークスやアースフレンズ東京Z、山形ワイヴァンズを経て、昨シーズンは茨城ロボッツでプレーした。ケガの影響で14試合の出場に留まったが、平均プレータイム31.6分で12.6得点、8.6リバウンド、2.1アシストを記録している。205cmのサイズながらアウトサイドシュートも得意としオールラウンドに活躍できる選手だ。

坂井信介代表は「すでに選手契約を発表していた外国籍選手3人が新型コロナウイルスの影響により入国遅れが心配されている中、帰国せず日本滞在中だったクリークモア選手が短期契約を受け入れてくれて感謝しています」とクラブを通してコメントを発表。

クリークモアも「まずは、短期間の契約とはなりますが、チームの為に全力を尽くしていきます!」と意気込みを語っている。

RECOMMEND