シクサーズでのプレーに満足するJJ・レディック「キャリアベストのシーズンに」

2018/05/11
NBA&海外
275

写真=Getty Images

今夏フリーエージェントになるも再契約の可能性大

昨年オフにセブンティシクサーズと単年契約を結んだJJ・レディック。1年前の時点では、新人ベン・シモンズがNBAで通用するか、そして大器の片鱗を見せていたジョエル・エンビードが1年を通じてコンディションを保つ保証がなく、期待とともに不安要素も抱えていた。それでもシーズンが始まればシモンズは新人離れしたパフォーマンスを続け、エンビードは2年目にオールスター選出を果たすなど、シクサーズは今シーズン最大の『サプライズ・チーム』として旋風を巻き起こした。

その一員だったレディックは、キャリアハイの平均17.1得点を記録。セルティックスとの東カンファレンス準決勝に敗れた翌日、今年最後の会見で、この1年で得た満足感を語った。

「これまでに所属したチームを悪く言うわけではないけれど、今シーズンは、キャリアの中で最も好きな1年になった。フィラデルフィアでのプレーも良い経験になった。ファン、街がスポーツの話題、チームの話題で溢れていたのは素晴らしい」とレディックは言う。

オフには再びフリーエージェントになるため、これから移籍交渉が待っている。レディックも金銭面の条件が重要になると示唆したが、コメントの内容を見る限り、シクサーズとの再契約に気持ちが傾いていると考えていいだろう。チームを引き締めてくれる経験豊富なシャープシューターが残留してくれれば、フィラデルフィアの熱狂的なファンも心から歓迎するはずだ。夏の移籍交渉の推移を見守りたい。