第3クォーター50得点、眠っていた攻撃力を爆発させたロケッツが1回戦突破に王手

2018/04/24
NBA&海外
196

写真=Getty Images

ローズ効果に沸くウルブズファンを沈黙させたハーデン

ティンバーウルブズとロケッツの第4戦。ホームのウルブズが前半は大健闘したが、第3クォーターにロケッツが50-20という超ビッグクォーターを作って試合を決め、3勝1敗でシリーズ突破に王手をかけた。

前半は49-50と1点ビハインドで折り返したウルブズだが、自分たちのペースで試合ができていた。ジミー・バトラー、カール・アンソニー・タウンズが持ち味を発揮し、そして何よりプレーオフに入って好調のデリック・ローズが前半で11得点2アシストと活躍。スモールラインナップを敷く中で、ローズは自らのボールプッシュからクリエイトし、次々とシュートを決めた。

ひざを壊す前の史上最年少MVPのプレーは戻らないにしても、一握りのスター選手にしかない華やかさを披露し、地元ファンが詰めかけたターゲット・センターは最高の雰囲気だった。

ところが、後半に入ると様相は一変する。ロケッツは粘り強い守備でタフショットを打たせ、素早く攻撃に転じてはインサイド、アウトサイド問わず高確率でシュートを決めていく。ウルブズの指揮官トム・シボドーが「第3クォーター最初の6分間で何もかもやられてしまった」と試合後に呆然と振り返ったように、25-5のランでロケッツが一気に突き放した。ローズは後半も好調を維持していたが、前半と違って3ポイントシュートの当たり始めたロケッツの勢いはその比ではない。こうなるとタウンズもバトラーも個人でオフェンスするようになってしまい、そのままロケッツの勢いに飲み込まれてしまった。

この『最初の6分間』、ロケッツの25得点のうちジェームズ・ハーデンが16を稼ぎ出している。「ただ積極的にプレーしただけ。前半はちょっと迷いがあったからね」とハーデンは言い、ロケッツの指揮官マイク・ダントーニは「たくさんアジャストしたんだ」と語る。前半の苦戦は気を抜いていただけ、とでも言いたげなエースとコーチのコメントは、続く第5戦で勝ち抜けを決めてやる、というウルブズへの精神的プレッシャーの意味もあるのだろう。

タイムアウトを取ってもロケッツの勢いは止まらないし、ファウルでプレーを切ってもハーデンの得点ラッシュは止まらなかった。客席からは無慈悲に得点を重ね続けるハーデンへのヤジも飛んだが、5本の3ポイントシュートを含む36得点を記録したハーデンは試合後「聞こえていたけど、ああいうのは好きだよ」と平然としていた。

シリーズ4戦を通してのウルブズの粘りは称えられるべきだが、ここまで本来の破壊力を見せられなかったロケッツがついに目覚め、貫禄の強さを見せた。これで3勝1敗、ロケッツとしては次で勝ち抜けを決めて、今後のスケジュールを有利にしたいところだ。