ペイサーズがレイカーズを撃破、『バブル』得点王のTJ・ウォーレンをビクター・オラディポが「異次元」と絶賛

ペイサーズがレイカーズを撃破、『バブル』得点王のTJ・ウォーレンをビクター・オラディポが「異次元」と絶賛

2020/08/09

オーランドでリーグ最多の平均34.8得点

ペイサーズは主力選手を複数欠いて『バブル』でのシーズン再開を迎えたが、5試合を終えて4勝1敗と大きく勝ち越している。その原動力となっている選手は、大爆発中のTJ・ウォーレンだ。

ウォーレンは、直近5試合でリーグ最多の平均34.8得点を記録している。8月8日のレイカーズ戦でも39得点を記録し、116-111での勝利に貢献した。ビクター・オラディポは、頼もしい仲間の大活躍を「異次元レベル」と絶賛した。

しかし当の本人は「オフシーズン中の練習の成果」と控えめな姿勢を貫く。「シーズン中断時期も集中して、大好きなバスケットボールのために時間を費やしてきた。それに、コートに立てば、自分自身でいられるように努力しているだけ。サポーティングキャストに恵まれているし、家族や友人にも助けられている。それが大きいよ。球団からも快く迎え入れてもらえて、今はあらゆることに感謝しているんだ」

これだけ好調を維持する秘訣を聞かれたウォーレンは「自分のために時間を使っている。瞑想する時間が増えたね」と答えた。

もともとはオラディポがこのチームのエースだが、右足大腿四頭筋腱断裂の重傷から復帰して、コンディションを戻しつつある状態。レイカーズ戦で22得点7リバウンド5アシストと勝利に貢献したが、「僕も大事な局面でプレーを決めるつもりはあるけど、乗っている選手にボールを託せばいい。それがバスケットボールとだよ」と、今はウォーレンがこのチームのエースだと認める。

「今のTJ・ウォーレンは異次元のレベルにいる。彼は集中していて、誰が相手でも彼ならボールをリムに通せる。僕から何かを言う必要はないし、信頼していることを示せばいいんだ」

この日の勝利により、ペイサーズは東カンファレンス3位のヒートに並んだ。10日には直接対決が予定されており、1月の対戦で小競り合いを見せたジミー・バトラーも出場を明言しているため、両者のマッチアップにも注目が集まる。

RECOMMEND