まさかのスウィープで1回戦敗退のブレイザーズ、リラード「これがプレーオフ」

2018/04/22
NBA&海外
362

写真=Getty Images

デイビス&ホリデーの勢いに飲み込まれ4連敗

激戦の西カンファレンスで49勝33敗と好成績を残し、3位でプレーオフに進出したトレイルブレイザーズ。デイミアン・リラードという大エースを擁し、サポーティングキャストもこの1年で成長を見せ、13連勝を記録した2月中旬からの約1カ月間にはウォリアーズ、キャバリアーズ、サンダーやジャズも寄せ付けず、チームの完成度の高さを示していた。

それだけにプレーオフ1回戦で西6位のペリカンズに4連敗でスウィープされたのは意外だった。リラードは敗退が決まった直後の会見でこう語る。「13連勝していた時期はシーズンでも最高のプレーをしていたんだけど、それからケガ人が出始めてリズムが狂ってしまった。レギュラーシーズン終盤にロード4連敗を喫した。ホームでの最終戦には勝ったけど、流れが変わってしまったんだ」

0勝3敗、敵地で迎えた第4戦。『流れ』はペリカンズにあった。ここまでの3戦、相手のエースのアンソニー・デイビスをケアして爆発させなかったが、ドリュー・ホリデーの攻守に渡る活躍に飲み込まれていた。リラードとともにゲームメークを担うCJ・マッカラムがホリデーとのマッチアップで押し込まれ、負担が集中する中でリラードも本来の持ち味を発揮できない悪循環を断ち切るべく、マッカラムが気を吐いて38得点の活躍。

しかし、ホリデーがそれを上回る41得点を挙げた上に、ついにデイビスが爆発。ミドルレンジからも高確率で決めてフィールドゴール24本中15本成功、さらにはフリースローまで17本中15本を決める絶好調ぶりで、フランチャイズレコードとなる47得点を挙げた。ニューオリンズのファンはお祭り騒ぎでペリカンズの選手たちを後押し。マッカラムが復調してもリラードにリズムは戻らなかった。

残り20秒、6点差の場面でブレイザーズがファウルゲームに行った時点で、ファンはペリカンズの勝利を確信してフリースローを投じようとするデイビスにスタンディングオベーション。もはやブレイザーズに成す術はなかった。

4連敗ではリラードも相手の強さを認めるしかない。「13連勝中のようなプレーをしたかったけど、1回戦で対戦したチームは、プレーオフ進出枠を争うチームの中で最も調子が良いチームだった。彼らはその流れをポストシーズンでも続けた。それが結果に表れている」

「でも、これがプレーオフなんだ」とリラードは語る。思わぬ形でブレイザーズの2017-18シーズンは幕を閉じた。可能性を感じさせるが、プレーオフで上位進出ができないチーム、という殻を打ち破れるかどうか。リラードは来シーズン再び、この命題に取り組むことになる。