滋賀レイクスターズが201cmのオールラウンドプレーヤー、ジョーダン・ハミルトンを獲得

滋賀レイクスターズが201cmのオールラウンドプレーヤー、ジョーダン・ハミルトンを獲得

2020/08/03
ジョーダン・ハミルトン

「チームメイトと共に戦えることを楽しみにしています」

滋賀レイクスターズは今日、ジョーダン・ハミルトンを獲得したことを発表した。

ハミルトンはアメリカ出身、201cm103kgのフォワードで、2009年から2シーズン滋賀でプレーしたゲイリー・ハミルトンの弟。テキサス大出身で2011年のNBAドラフトでマーベリックスから指名を受けるも、すぐにナゲッツにトレードされた。その後、ロケッツやクリッパーズ、ペリカンズを渡りNBAでは151試合に出場した。NBAを離れてからはトルコやイタリアなど様々な国を渡り、昨シーズンはドミニカ共和国とイスラエル共和国でプレーした。イスラエルでは21試合に出場して、平均プレータイム29.9分で14.6得点、6.2リバウンド、2.8アシストを記録し、201cmのサイズながら3ポイントシュートも得意とする選手だ。

ショーン・デニスヘッドコーチはハミルトンをこのように紹介している。「ウィングポジションもプレイできる多才なフォワードプレイヤーです。幅広いシュートレンジに加え、アタック、クリエイティブもできるオールラウンダーでもあり、相手ディフェンスに大きくプレッシャーを与える事でしょう。また、これは私自身にとって重要な部分ですが、若いチームであるからこそ、彼の能力に加えて彼からのリーダーシップにも期待をしております」

ハミルトンはクラブを通して次のコメントを発表している。「素晴らしい国、素晴らしいクラブでプレーするこの機会をいただいたことに心から感謝しています。 まず、滋賀にプレーをする機会を下さったデニスコーチ、球団関係者の方に感謝したいと思います。また、チームメイトと共に戦えることを楽しみにしています。そして、素晴らしいレイクスブースターの皆様にお会い出来るのを楽しみにしています」

RECOMMEND