『身体能力の高いJJ・レディック』と形容されたブラッドリー・ビール「光栄なこと」

『身体能力の高いJJ・レディック』と形容されたブラッドリー・ビール「光栄なこと」

2020/08/03

ブラッドリー・ビール

「レディックやカイル・コーバーから学ばせてもらった」

多くのNBA選手を輩出しているデューク大学のバスケットボール部ヘッドコーチ、『コーチK』ことマイク・シャシェフスキーは、教え子の一人であるJJ・レディックとウィザーズのブラッドリー・ビールとを比較し、面白い言い回しで後者を表現した。

シャシェフスキーは、ビールがまだ今のようなスター選手になる前に「身体能力の高いJJ・レディック」と彼を褒め称えた。アメリカ代表の前ヘッドコーチから高い評価を受けたビールは、『NBC Sports Washington』の番組に出演した際にコメントを求められ、レディックがお気に入りの選手だったことを明かしている。

「面白い比較だね。昔からJJのプレーを見てきた、デューク大で好きな選手だったから怒るようなことではないよ。光栄なこと」

シューティングガードのビールにとって、レディックはお手本のような存在だ。彼はレディック以外にもこれまでに参考にした大ベテランの存在も挙げた。「(レディックも)自分のことを褒めてくれると思うけれど、彼やカイル・コーバーからいろいろと学ばせてもらった。ボールを持っていない時の動きや、相手の選手を散らしてシュートを打つ方法とかをね。色々な選手の動きを見て勉強しているんだ。JJは好きな選手の一人さ」

ビールにとってレディックが手本であったように、今が全盛期の彼を参考にする次世代の選手もこれから現れるに違いない。

RECOMMEND